「毎日のこと」についての投稿一覧


2010.08.25

またしてもビッショリ。ウブド郊外の寺院で沐浴。

バリ島の京都のような古都、ウブドに来ているのに、観光はまだしていなかった。子供たちの施設や、リトリートや、スパの視察やなどで忙しかった。昨日ようやく半日観光をしてみた。

子分(?)のバグース君が車で案内してくれた。と言っても彼は観光ガイドではないので、詳しいことは、彼もあんまり良くわかっていない。ヒンズー教のことは、僕のほうが知ってたりもした。分からない事は、その辺にいっぱいいるガイドに聞いたりもした。

とにかくウブドには、寺院や遺跡が沢山あるので、郊外の有名な古い寺院を訪れた。

ゴア・ガジャ寺院の密教的な雰囲気のリンガを拝んだり、古代遺跡のプナラタン・サシ、石窟遺跡のグアン・カウィに連れて行ってもらった。

そしてライステラスで囲まれたバトゥカウ寺院では、大きなセレモニーの準備が行われていた。ここでは、偶然雑誌ヨギーニの編集長に出会ったりもした。丁度、ヨギーニから呼吸法についてのインタビューを明日、スカイプでする予定だったのでビックリ。

寺院の中でも、嫌いな女性に、目を奪われてしまうのは、僕の修行が足りないせいかなあ?

聖なる泉のあるティルタ・ウンプル寺院では、沐浴場があって皆沐浴をしていた。ここまで来て沐浴しないというのは勿体ないと思い、全く準備してなかったけど、サロン( 腰巻き)を借りて沐浴をしてみた。ちょっと肌寒い天気で、わき水は冷たくって結構鳥肌ぎみ。なんか十何個の湧き水で清めないといけない風習らしいので頑張ってみた。タオルもなにも準備してなかったので、またしてもビッショリ。

でも、きっといろいろな汚れていた心も身体も綺麗になったに違いない。満月なので今夜は萬月の瞑想をしよう。

これで雑念や欲望がなくなりはしませんから、ご安心を!

Post to Twitter


| Posted at 09:17 | この記事のURL | コメント(4)
 
コメント(4)

2010.04.25

荷物整理は、大変だああ。いろんな所に住んだなあ。

僕は、33階にあるセントラルパークのあるアパートに住んでから20年くらい経つ。

その前までは、イーストビレッジや、ソーホーや、チェルシーや、アッパーイーストや、ブルックリンや、ウエストビレッジとにかくいろんなところに住んだ。というか、そうしないと暮らしていけなかった。ようやく今のアパートに落ち着いたのが20年くらい前だ。その時だって最高長く住んでも10年だからと言っていたのに、いつのまにか20年だ。

昨年からは日本をベースにすることに決めたし、アジアやヨーロッパにもいる時間が長くなったので、NYのアパートの自分のものを出して、簡単なレノベーションをすることにした。僕がいない間は、家具付きで短期滞在用に貸してみることにした。NYでは、結構そういうニーズがあるらしい。ホテルよりも快適だからね。

ということで、この20年間に積もったいろんなモノの整理をしている。これが大変!あんまりモノに執着がないと自分で思っていたのに、まあ、こんなに物があったのかと!しかもまあ、自分がどんなに整理の悪いかを自覚させられた。「こんなところに、これがあったのかあ!」「そうそうそういえば、こんなんのもあったなあ!」「あれ、これってなあに?」

メモや写真などが出てくるとそれを見るのに時間がかかったり。本当はいっそうのこと、スーツケース2個に入らないものは皆、処分するのもいいと思うのだけれど。物を大切にしたいという気持ちもあって、ケチなところもあって、なかなかそれは出来ないでいる。

いくら片付けても、どんどん増えてくる!

捨てたり、寄付したりするもので、なにか思い出が強いものは、写真を撮っておいたらいいというアドバイスを貰ったので、そうしている。そうするとなんとなくすっきりするのも面白い。想いに執着があるのであって、物に執着があるのではないんだなあって思った。

ローラーブレードに凝ったこともあったなあ。でも、なんでこんなにあるの?スノボに凝ったこともあったし。

普段から年に数回は、大掃除と大整理をしないといけないなあと反省。オフィースは3年に一度くらい引っ越しをしているので、まあなんとか整理がついているけれど、住む場所は、ここに住み着いちゃった感じだったからなあ。僕の人生の中で、このアパートに一番長くいることになる。小さいころから、いろいろ引っ越しが多くって、東京でも何度もして、アメリカでも何度もしている。もしかしたら、もうこんなに長く同じところに住むということは無いのかもしれないなあ。

こういう作業って、思ったよりも倍以上の時間がかかる。しかも、とてもメランコリックになるものだ。

勉強にもなる。自分の人生を見直すいい機会だ。もし、今僕がここで死んだら、ほとんどの物は、価値のないものだということも自覚できる。限られた時間という人生の中で、どうやって今を生き生きして過ごしていくのか、それが大切だなあってつくづく思った。

スーツケース2個でも生きていける。そういう過ごし方を長くしてきたこともある。アパートいっぱい、大きな家いっぱいでも生きていける。大きなソーホーのロフトがオフィースとスタジオだった時には、本当にいろんなものが溜まった。

それにしてもいろんな環境で生きてきたなあとも思った。床が傾いていて、窓が閉まらない小さなアパート、5階まで階段のアパート、クーラーも利かない古いロフト、一階で隣のバーの音が凄いところ、古い建物をイタリア人数人とでシェア。いつか、NYで住んだ場所、すべてを写真にしてみたいと思っている。

それでようやく今の景色も良く、静かなアパートに落ち着いたときはホッとしたのも覚えている。でも、僕はいつもなぜかセントラルパークウエストの大きなアパートに住むと思っていた。NYに来た時に、なぜかそう思った。でもまだ実現していない。親友がそれを実現しそうだ。

これからは、僕はどんなところに住んでいくのだろうか?また、新しい出発だ。

長く住んだNYには、まだ、オフィースもお店もあるので、TaoZenもあるし、年に三度くらいは戻ってくるけれど、なにかひとつの章が終わりつつあるなあと実感している。

『日々是瞑想の独り言』(今回から、気がついたちょっとした独り言を時々書いてみようと思った。朝の瞑想の時にでてきたインスピレーションか、妄想)

どんなに場所が混乱していても、状況が混乱していても、ちょっと太極拳をすると、身体の中の空間がすっきりする。太極拳に感謝。

Post to Twitter


| Posted at 12:23 | この記事のURL | コメント(6)
 
コメント(6)

2010.03.30

満月と東京タワー

今夜の満月は、素晴らしく綺麗だ。ちょうど東京タワーの上にあったので写真を撮った。

満月の瞑想をした。大切な人と直接に繋がっている感じがするような、クリアな月だ。

東京タワーは、スカイツリーにその高さを越えられたというニュースが昨日あった。スカイツリーが出来た時には、沢山の人が集まるんだろうなあ。新し好きな日本人だから。

ここのところ寒かったので、桜が止まってしまっている。本来ならば、今夜なんかは、夜桜と満月で粋だっただろうに。僕は、もう既にNYに戻っている予定なのに、まだ東京に留まっています。週末にはNYに帰るけど。その前に花見ができるだろうか?

Post to Twitter


| Posted at 22:39 | この記事のURL | コメント(2)
 
コメント(2)