2009.12.06

Om Mani Padme Hum. 六字大明呪をつかった瞑想。

夕べは、瞑想だけに集中した2時間半のワークショップでした。

始めは、皆からいろいろ質問などを聞きました。
様々な質問の後に、
音を使った瞑想の話になったので、Om Mani Padme Humのマントラを使った瞑想を皆でしました。
いろんなトーンで、このマントラを唱えながら、段々と瞑想に入りました。
30分ほど静かに瞑想をしてから、10分ほどそのまま横になりました。
この間に、いろんなことが心に身体に浸透していきます。
その後に、瞑想をまた続けてから、終わりにしました。

日本では、この真言(マントラ)のことを六字大明呪と言うらしい。
チベットでは、よく使われています。
僕は、これを歩く瞑想につかう方法を学びました。

気軽な10分くらいの瞑想もいいのですが、たまには本格的な45分以上の瞑想が必要だと思います。

瞑想の方法は、沢山ありますが、瞑想ほどコーチのいるものはないのではないかと思っています。方法論だけではなく、なにが起きているのかが分かって、それをガイドしてくれるコーチが。

それと一人だけではなく、何人かで瞑想する必要もあると感じています。
瞑想は一人の行のような気がしますが、実は個を超えたものでないと、本来の瞑想になっていかないと思っています。

皆で瞑想を味わうというのは、最高の贅沢です。
三ツ星のレストランで食事をするよりも贅沢だと思います。
この贅沢を、味わうには、それなりの訓練や心と身体のオープンさが必要になります。

ぜひぜひ、一緒に瞑想を味わいましょう。

Post to Twitter

| Posted at 00:05 | 未分類 | この記事のURL | コメント(1)


 

また大内さんにお会いしたいです。一緒に瞑想したいです。今年3月のクラスに何回か参加させていただきましたミナカワです。最近、セルフチネイザンタッチをアマゾンで購入しまして少しやってみました。やっぱりやるといいですね。クラスに参加したいですが、そちらはおしゃれすぎて私のセンスではいまのところ行けません。でも、大内さんやタオゼンの人たちを思い出し、セルフチネイザンタッチをしていい感じになりニヤリと微笑ませていただいておりますのでそれでよしとしています。タオゼンに出会えて幸せです。ありがとうございました。{ハート}

posted by:ミナカワ at 2009.12.0711:45

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES