2014.08.15

終戦の日。

今日は終戦の日。

69年前に、第二次世界大戦に対して敗戦宣言をした8月15日を日本では「終戦の日」にしている。

8月には、広島原爆、長崎原爆、そして終戦の日と続くので、戦争についての様々な念いが強まる。

そして今年は特に念いが強い。

集団的自衛権、原発再開、普天間基地移転などに急ぐ今の日本政府に僕は大きな疑問を持っている。

我々の世代だけではなく、次世代、そしてもっと未来に対して影響のある重要なことなのに、なぜそんなに急ぐのか?

なぜ我々日本国民は、いつもメディアや政府に操作されて、集団的には真剣に考えたり、怒ったり、行動に出たりしないのだろうか?

実は、戦争は終わっていない。

世界のいろんな所で、今も、戦争が起きている。そして起こそうとしている。

これでも、本当の意味で「意識」や「社会」の進化をしているのだろうか?

 

Post to Twitter

| Posted at 22:51 | 未分類 | この記事のURL | コメント(2)


 

敗戦記念日としないで終戦記念日と呼ぶ事に違和感を感じます。国民の感覚麻痺を政府とメディアは狙い平和ボケを作っているとおもいます。 ぼくの伯父も若くして戦争で亡くなりました。無念だったと思います。平和にたいして真剣に向き合わないとなりません。

posted by:Nao at 2014.08.1602:06

敗戦記念日では、かえっておかしい感じを、僕は受けます。
負けたという認識では、今度は勝たねばという感じになってしまう懸念がある。

戦争、というよりも、特に無差別大量殺害は、人間が犯す最も大きな間違いの1つだと思う。
なんとしてでも、止めたいことだ。
そこには被害者と加害者はあるけれど、勝ちも負けもない。

そんな気持ちでいます。

posted by:masahiro at 2014.08.1700:04

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES