2016.08.23

この人にハグしてもらわないと勿体ない。       台湾の写真家Si Chi Koさん(88歳)

最近芥川賞を受賞した「コンビニ人間」を読んで、何か納得できるところが幾つかあった。

昨年の「花火」は、僕には全くそういうところがなかった。

とは言っても、だいたいが小説をたくさん読む方ではないし、僕の日本語感覚ではどうにもこうにもならないのだけれど。それでも好き嫌いとか、響くとかはあるわけだ。

僕は、ビデオの映画を家で観るときには、だいたい3日かけて見終わる。

要するに、40分くらいづつを3日に分けて観るわけだ。

しかも3日続けてというようなスケジュールにならないので、約一週間で一本観るわけだ。

あるいは、作品によっては4倍速くらいの早送りで観る。

そんなわけで、本も気に入った本はまあ2−3週間はゆうにかかる。

それ以外の本は、もう読んでいるというのではなく、眺めたという感じで20分くらいで終わってしまう。

「コンビニ人間」は先週から読み始めたけれど、まだ半分くらい。もしかしたら終えないかもしれない。そういう本はたくさんある。(こういうのって僕だけですか?)

決して褒められた読み方ではないなあと思う。

『今の「私」を形成しているのはほとんど私のそばにいる人たちだ。』

コンビニ人間のある章の始まりだ。僕は、これが響いた。

きっと作者の村田沙耶香さんの言いたいこととはずれているとは思うけれど。

僕は、僕を形成しているのは僕が出会って、そして繋がった多くの人たちの集合体だなあって感じることがある。

父親とか母親とか、一緒に仕事をしてきた人とか、友人とか、師とか、恋人とか、そういう人たちだけでなく、実際に合わない人でも自分で繋がっていると感じる人とか、そういうものも含めて。

そして、あの人の要素がいっぱいあったら良いよなあと思う人もいるし、ああなっていたくないなあと思う人の要素も、いろいろ混じって入っている。

その人のようになりたいとか、その人のある部分は貴重だし、できたら真似たいとか、そう思える人と出会ったりすると、嬉しくなる。

会っている時には、そんなにピンときていないようだけれど、距離を置いたり、時間が経つと、本当に貴重だと思える人もいる。

最初はピーンと激しく来たけれど、しばらくしてみたら、その影響はほとんどない人もいる。

僕はラッキーにも、多くの人と触れ合うことができてきた。

しかも、本当に様々な人との出会いに恵まれてきたと思う。

特に自分で決めてインドに行ってり、ニューヨークに移住してからは、ずうっとそうだと思う。

コーさんとの自撮り。 台湾で。

コーさんとの自撮り。
台湾で。

今回、紹介したい Si Chi Ko さんは、出会ってから40年くらいしても、ずうっと輝く人間なんだなあと実感させられる人だ。

そしてコーさんの素晴らしいところが、少しでも僕の中で生きていることを願う。

コーさんは、台湾でもトップの写真家。現在88歳。

ニューヨークの現代美術館からの彼の作品は購入されている。

でも、コーさんの最も大切なところは、何も説明がいらない。

会ってもらうと数秒でわかる純粋な心の持ち主。

本当に可愛いくってチャーミングな88歳の男性で、人間だ。

作品や、今までの生き方も、もちろん素敵だけれど、コーさんの場合は、とにかくどうしても会ってもらいたい人だ。会わなければ、分からない人間力だ。

『タオゼンフレンズ』という、「生きる」をアートしている人たちと実際に会って話を伺って、そしてリラックスした環境で懇談してもらう企画がある。これで4回目だけれど、すべて本当に味わい深い人たちに来ていただいている。

今回、コーさんが僕に会いに久しぶりに東京に来てくれるというので、タオゼンフレンズに出てもらえないだろうかと伺ったところ、「はい、喜んで」と引き受けてくれた。

とにかく、コーさんという方にあって、触れ合って欲しいというのが、僕の正直な気持ちです。

コーさんとの出会いや作品について、そして同行する素敵な奥様の中国古典舞踊などのことはは、次に書きましょう。

とにかく、コーさんと実際にあって握手とハグをしてみて欲しいのです。

AMMA というインドの女性スピリチュアルリーダーで、彼女にハグされるのに多くの人が並ぶ人がいる。僕もAMMA にハグされたことがある。

コーさんのハグは、彼女に負けない輝くものがある。こんな機会、もったいないと僕は思う。

そして少しでもコーさんの良いところを自分の中に染み込ませて欲しいと願うのです。

http://www.taozen.jp/others/#pilates

 

Post to Twitter


| Posted at 12:40 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)
 
2016.06.08

TaoZenフレンズ「巡礼の意味」後編

ホアンとは、会う頻度が少なくても、会うといつでも何か深いところで同じ方向に向かっているという信頼感がある。

今回も会ったのが、数年ぶりだったけれど、その時間を全く感じない。

タオゼンスタジオでの彼のトークも、気取りがなくって自分にとって大切なことをさりげなく話していた。だからこそ、心に響くものがあったと思う。

終わってから、みんなでおにぎりを頂きながらの懇談も楽しかった。

以下、レポートの2回目です。

DSC06894

おにぎりの前に、簡単な瞑想。

おにぎりの前に、簡単な瞑想。

ちなみに次回は9月に、僕の旧友であり先輩の台湾で写真の第一人者、Si Chi Koと彼の奥様で中国の古舞踏の第一人者のJessi の予定です。

〜〜〜

TaoZenフレンズ第3回 (2/2回)

世界の聖地を巡礼するホアンさん。人生6度目の巡礼を終えて、改めて巡礼とは何かを語った。

巡礼とは何か?

今、世界中で巡礼が注目を集めている。が、それは宗教的な意味合いで人気なのではない。

古来、巡礼は死を受け入れるための修行と言われている。

どう生き、どう死ぬか。そのモデルを体験したい人々の関心を集めている。

観光のための旅行と何が違うかというと、巡礼は明確な構造を持っている。それを6つのステップで説いた。

巡礼の6つのステップ

STEP1

意図すること。巡礼をしたい、と心から思うこと

STEP2

なぜ巡礼をするのか。理由を決める

古来、巡礼者は2種類の願いを持つと言われている。

一つは自分が叶えたい願い。例えば自分の病気を治したいなど。

もう一つは他の人のための願い。家族、友達、知人の病を治したいなど。

そういう願いを持って巡礼すると、本当に治ってしまうことがある。

誰かのために動くというポジティブな意図をもって行動するとポジティブな結果が生まれる。

巡礼者にお願いした人は良い結果を受け取り巡礼者もポジティブなエネルギーの何割かを受け取ることができる。

STEP3

自分の変化を受け入れる、と決める。

巡礼に出たら予期していないことが様々に起きる。けれど、受け入れる気持ちがないと本当の意味で変化は起きない。

巡礼に出る前に自分に3つの質問をすることが必要だ。

① 自分はどんな結果を得たいか

② どの程度のものを得たいか

0~10の段階だとするとどのレベルのものを得たいか。

0はほとんど変わらない、10はすごく変わる、としたら?

③ そのために何をしなければならないか

どんな結果をどの程度得るか決めた。次にそのために何をしなければならないか? と考える。

このSTEP1~3までが巡礼の準備段階。

巡礼をやると決めた日から毎日日記をつけるとよいと言われている。どうやったら10のレベルの結果が得られるかと考えて日記に記録する。瞑想や気功を始める場合も。

つまり、巡礼に出る前から巡礼のことを考え始めている。

家を出る前から巡礼は始まっているのだ。

STEP4

先送りにしていたことを終わらせる

ひとたび巡礼に出たら、戻ってくることはできないかもしれない。棚上げ、先送りにしていたことを終わらせておく。例えば借金。資産の相続先。気まずくなったままの人間関係。

言うは簡単だが実行することはとても難しい。

STEP5

自分と約束する

巡礼を終えるまで決め事を作り必ず守ることを自分と約束する。

その約束は自分にとって苦手なことにするとよいそう。

自分との約束を守ったら、特別なことが起きる。

自己肯定感が増し自分のことをもっと高次なものとして見ることができる。

STEP6

死を含んで生きる

巡礼に出たら途中で死ぬ可能性がある。

死は人間だけでなく動物も恐怖を感じるものだ。

死ぬかもしれない、と思ったらこわい。

こわい、と思ったら動けなくなる。

生きることも同じだ。恐怖を感じたら人生が動かなくなってしまう。

ホアンさんはいつ死ぬとも知れない巡礼を続けながら思った。

生きてることと同じだと。

死を含んだまま歩いている。

何があっても、死を抱いていても、とにかく前を見て進んでいるのだ。

巡礼は死をどう迎えるか、その準備のための修行だと言われる。

けれど、「今をどう生きるか?」と同義だと思った。

ホアンさんは終始淡々と語る。「こんなふうに生きろ」などと要求しない。「やってみたらこう思ったんだよね」といったさらっとしたシェアの時間だった。

Post to Twitter


| Posted at 20:13 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)
 

巡礼の意味。TaoZenフレンズ三回目。(2の1)

TaoZenフレンズの三回目は、5月30日に表参道タオゼンスタジオで行われました。

生きる=Art を実際に生きているフレンズを招いてリラックスした形でいろいろ話をしてもらうという企画です。

DSC06833

今回は、1980年初期以来の友人で、タオの修行を一緒にNYで始めたJuan Liでした。

今回、彼は四国八十八カ所の巡礼の旅をするために日本に来ました。彼は、これまでもサンチアゴの巡礼を3度、インドや中国の巡礼もしてきました。

僕の友人の中でも最も巡礼者、修行者の雰囲気の強いホアンですが、会うといつでも心が洗われます。

今回は、写真を見せながら、巡礼の意味、そして生きるということの意味を熱っぽく話してくれました。

参加者の西牟田さんが、詳しく話の内容をまとめてくれました。

そのレポートを2回に分けて紹介したいと思います。

ーーーーー

TaoZenフレンズ第3回 (1/2)

世界をめぐる巡礼者ホアン

ホアン・リーさんはこれまでインド、中国、スペインのサンティアゴと巡礼の旅を重ねてきた。人生6回目となる巡礼の地は日本の四国、お遍路。3か月かけて八十八ヶ所の霊場を徒歩で巡った。

チェックのシャツにコットンパンツ姿。巡礼とは何か、まるで道を聞かれたかのように気軽に語ってくれた。

50歳で始めた巡礼

ホアンさんは50歳を迎えたとき、初めての巡礼に出ようと思った。

場所は中国。13の聖山を巡る道程は単なる登山と違って死と隣り合わせ。峻険な山道を歩き、断崖絶壁の岩肌にしがみついてようやっと足を置ける断崖の縁をジリジリ進む。

巡礼は観光の旅と違い、死を体験する修行だという。リアルな死にギリギリまで近づいて初めて死というものを本気で考える。「自分はどう死を迎えるのか」。

死出の旅支度

巡礼の途中でもしかして死ぬかも知れない。

そう考えるとやり残して行けないことが多々出てきた。家や財産などはどうするのか。借金など残っていないか。気まずくなって疎遠になった相手ともう会うことはできないかも知れない。 そんな心残りをリストにした。ひとつひとつ終わらせ、すべてやり終えるまで8ヶ月かかった。

そこで彼は気づいた。「何ひとつ先延ばしにできない」。

例えば人と嫌な関係になったとする。「時間をおいて後日話し会えば…」ということは最早できない。今必死で終わらせている「棚上げのリスト」が増えてしまうからだ。

何かあった時「今何ができるか」「どうやったら心残りなく生きられるか」を真摯に考えるようになった。

1996年、彼は初めての巡礼に出る。中国の聖山を15ヶ月間歩き通した。

その厳しい旅を支えたのは、旅の前に自分自身と交わした約束だった。

巡礼を支えた自分との約束

巡礼に出る前、ホアンさんは自分自身と約束をした。例えばこんなことだ。

(1)巡礼を最後までやり遂げる

(2)出会った相手が何か求めてきたら欲しいだけ与える

当時の中国の人々は外国人とみると相場の10倍は吹っ掛けてきた。求められる額を渡し続けたら持ち金が瞬く間に尽きてしまう。

そこで1日の予算を100ドルと決めた。

100ドルの上限に達するまで、現地の人々が法外な額を吹っかけてきても言われるがまま渡した。腹も立てず嫌な気持ちにもならず。

(3)訪れた場所を気持ちよい場所に変えて去る

行ったところ、泊まった場所、自分が通るところを綺麗にして歩いた。当時の中国は聖山とはいえゴミだらけ。まるでゴミ収集車のようにゴミを拾い集める。ゴミを拾って代わりに愛の気持ちを置いた。

自分との約束を果たす意味

自分との約束を守ることは非常に重要だという。約束を果たしていくと自己肯定が増し自分を高次の存在として感じられる。まして、巡礼のときに立てた約束を守りきると特別なことが起きると言われている。

逆に、巡礼に限らず、日常生活で自分で決めた約束を破りつづけると・・・。自己否定感でいっぱいになり体が病を得てしまうことも。それだけ自分で決めた約束を守ることは大切だ。

最初は小さな約束でよいそうだ。たとえば「2日間腕立て伏せをして腕の筋肉を鍛える」。2日やりとげたたら完了。次に別の約束をする。「5日間エスカレーターではなく駅の階段を上る」。5日やりとげたら完了。こんな風に、約束を守ったという事実を積み重ねていく。すると自分の中に自己肯定感、自分を敬う気持ちが生まれてくる。

四国お遍路でホアンさんが立てた約束

ホアンさんが四国でお遍路をしたとき、こんな約束をしたそう。

(1)毎日マントラを108回唱える

(2)訪れた場所を気持ちよい場所に変えて去る

(3)会った人すべてを自分の師だと思う

「訪れた場所を気持ちよい場所に変えて去る」ことは、実際のゴミだけではない。事故で亡くなったひとの思いなど、目に見えないものも含まれた。

歩きながら、近くに暮らす人々が健康で幸せになりますように、との思いを置いていったという。

それはよく耳にする「清める」とか「浄化」ではない。

「その土地と、そこに住む人たちとハートでつながること」。

「会った人すべてを自分の師だと思う」ことは、日本は良い人ばかりで難しくなかったそう。ところが、「中国の巡礼のときこれをやるのはキビしかった」とペロッと舌を出して見せた。

巡礼の旅の前半、「師と思うにはツラすぎる人々」ばかりであった。ところが、旅が後半に差しかかったころ、ピタリとあらわれなくなった。後半になると会う人会う人が心から師と呼びたい人たちになったという。後半の彼らはホアンさんを心から助けてくれた。

 

(第二回につづく)

 

 

Post to Twitter


| Posted at 18:19 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)
 
RECENT ENTRIES

ARCHIVES