2011.03.19

枝野官房長官の記者会見を見て、、、

あんまりTVを見ない。災害の次の日に、スタジオからTVを担いで持ってくるまでは、TVは無かった。

というのは、日本のTVのなんというか、むなしさに耐えられなかったからだ。そうは思っていても、ふと気がつくと1時間見ていたりするとがっかりするから、持たなかった。でも、今回は、TVがないとなかなか何が起きているか分からないと思って、小さなTVを持ってきた。インターネットの情報だけでは、不十分だと感じたからだ。

今回の災害でも、TVなどのメディアのあり方をいろいろ考えさせられている。

枝野官房長官は、本当にたいしたものだ。あんな変な記者からの質問に怒りを見せずに淡々と卒なく答えている。それにしても、どうして程度の低い質問が多いのだろうか?ジャーナリズムは、人の言葉尻りや、足を引っ張ることだったのか?批判するのがジャーナリストなのか?まるで、安易は週刊誌とかTVの番組のレベルではないかと思えるような質問もある。足を引っ張りあうのは、やめませんか?そんな時期でもない。

911の時などのプレスカンフェランスでは、こんなじゃなかった。

この世界の危機でありながら、誰がなにを言ったとか、誰が責任とるのかとか、実際の問題解決の方向に向いていない。まったくどうなっているんだろう。

僕自身、あらためて自分を見直さないといけないと実感した。僕もそういう無責任な批判をして、それがなんかインテリみたいな感じになってはいないか?自分の意見はなにか、そして自分の行動をどうするかを、どうやって協力できるのか、そういうことをできるだけ積極的に考えて、そして実行していきたい。

質問している記者とか、TV局や、週刊誌で働いている人たち、皆、大学の時には、とても優秀だったはず。僕なんかよりもずうっと頭が良いはず。なのに、どうしてしまった。

ジャーナリズムは、社会でとても大切なものなのに。

Post to Twitter

| Posted at 23:14 | 未分類 | この記事のURL | コメント(7)


 

テレビ局にもよります。NHK等のドキュメンタリは質がよいし、語学番組も為になります。ジャーナリストも、政治家も何をなすべきかを考えて発言できるプロが少ないですよネ

posted by:ジャム at 2011.03.2000:25

確かに良い番組も沢山ありますね。というか多くの人がみているんだから、それなりの質をいつでもキープしたい。
政治家や、ジャーナリストの問題は、彼らの問題ではなく、自分たちの問題だと思っています。
普段の話の内容や、ウイットや、ユーモアの質などから始まって、自分たちの鏡だと思っています。

政治家というのは、自分を投げ出しても世のためになにかしたいと志す人なはず、ジャーナリストは、報道というものを志す人たちであるはず。
間違いはだれにでもあるけど、志(インテンション)は、曲げては困る、と思っています。

良いものは、どんどん見つけて、サポートを、一緒にしていきたいですよね。

posted by:masahiro at 2011.03.2013:28

ぼくもTVを6年間くらい持ってませんでした、、その延長でいまも年間数時間しか見ないです。日本にはジャーナリズムという科が大学にない。要するに大学を出た人間が入社して先輩に習うような形で形成されるのだとおもう。CNNなどを見ているとその視点、質問のポイントが明確。悪いけど日本のはワイドショーの範疇だな〜 

posted by:なお at 2011.03.2010:11

僕はTVが必要じゃないという意見ではないんです。必要というか生活の大きな一部であることは確か。これをどうやって、僕たちが使っていくか、育てていくかということだと思っています。僕自身も広告やマスコミの仕事もしてきて、そう感じています。
大学があるかどうかと言う問題ではないと考えます。
TVというものが基本的に、エンターテイメントビジネスになっていて、視聴率という数字、そして比較的簡単に制作ができるということ、情報伝達よりも感情伝達に優れているメディアであることなどの認識が必要なのではないだろうか?

インテンション(志)の確認が必要だなあって強く感じている。

911とは、違うけど、似たことが、起きています。そういう方面からも、いろいろ考えています。

CNNは、どうして素晴らしいのかなあ?アメリカの持っている傲慢さが、臭ってくるのですが。でも、すくなくても、ジャーナリスティックな要素は有るよなあ。
インターネットが新しい情報源になってきている事だけは確かです。

とにかく大変に貴重な経験をさせて頂いていることだけは、確か!

posted by:masahiro at 2011.03.2013:38

ウィキリークス以降、余計なものが排除されるようになってきたよう…

posted by:さくら at 2011.03.2016:00

テレビは感情伝達するもの、というのはよい表現だと思います。ジャーナリズムもその恩恵を享受しているわけです。私達にとってジャーナリズムが必要なのかどうか…考えて選択していかなくては…負の歴史だけは繰り返したくないです。

posted by:牡丹餅 at 2011.03.2016:44

私も今回のことで、枝野官房長官ってすごい!!と思いました。

posted by:m_matsumoto at 2011.03.2102:17

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES