2012.01.06

瞑想をしていると、どうして眠くなってしまうのでしょうか?

瞑想をしているとなぜ眠くなってしまうのか?

「瞑想をすると、とにかく眠くなってしまうのです」、とか、「気がつくとコックリしているのですが、どうしたら良いですか? という質問を良く受けます。これは、世界中共通の質問です。

どうしたらいいかという対処方法を考える前に、なぜ眠くなってしまうのかを考えてみましょう。さっきまで、眠くなかったのに瞑想をすると急に眠くなってどうしようもないのは、きっと私が瞑想に向いていないからでしょう。とか、集中力が足りないからでしょうか?とか、リラックスするから、普段からの寝不足が表面にあらわれてしまうのでしょうか?いろいろ仰る方がいます。

寝不足の可能性もあります。リラックスし始めたり、カラダとココロの内部に入り出すと、寝不足だったということが確かに出てくる事があります。普段、特に良い意味でも、悪い意味でも、興奮状態、緊張状態で生きている人は、そういうことが可能性としてはあります。

でも、眠くなる大抵の理由は、他にあることが多いのです。

それは、一種の逃げ、サボタージュの可能性が高いのです。瞑想が進んでくると、自分のエゴ(自我)の枠が薄くなってくるのです。普段、自分がこうである!みないな枠がすこしずつ怪しくなってきます。エゴは丁度、卵の殻みたいなもので、殻があって、自分と認識できるアイデンティティがあるわけです。

このエゴの殻が本当に自分にとって役に立つものであるかどうかは別にして、この殻が壊されるのは、とても怖いものです。本来ならば自分が変わった方が良い時でも、なかなか自分からはそれに気づいて殻をこわすということはしないわけです。瞑想をしていると、なんにもしていないのに、むしろ本当になにもしないからだとは思うのですが、この殻が薄くなってきて、仕舞いには、殻が破れることがしばしばです。これが瞑想の本来の目的でもあると思います。

とにかく、自我の殻がうすくなるようなことは避けなければいけないと思うのが、今の自分です。そのためには、とにかくなるべく静かに自分を観察するようなことは避けないといけないのです。その為にいろんなメカニズムが僕たちのココロやカラダの中に仕組まれています。

一番、平和で誰にも迷惑を書けない方法は、眠ることです。寝てしまうと、とにかくこれといって、対処する必要もなくなります。そして起きたら、なんかスッキリしたみたいなことで終わってしまえる。あるいは、瞑想はしなくて済むわけです。

他に、ポピュラーな方法はいくつかあります。

・   いろいろ雑念が湧いてくる。

・   感情的になる。急に悲しくなったり、泣いたり、幸せになったり。

・   やたらカラダが痛くなったり、頭が痛くなったりする。

・   急に、理性的になる。

・   急に忙しくなって、時間がなくなる。

こんな、方法が僕たちには、備わっています。

子供の頃、嫌なことをしようとすると急に熱がでてきてしまったりしませんでしたか?

家族の中で、なにか大切なことを話そうとすると、急に感情的になったり、急に論理的になったりすることは傾向のある人はいませんか?

誰にでも、本当のことを避けるメカニズムが備わっています。自分には、どんなメカニズムが、どんな時に働きやすいかを、知っていることは大切です。自分自身のことは、実はなかなか分からないものです。家族などや、気になる人の、傾向を観察することが、自分を分かるヒントになることも多くあります。

瞑想は、いろんな意味で自分を見つめるチャンスを与えてくれます。そして、それが生活に反映していきます。終わりのない、このプロセスが面白いところでもあります。

Post to Twitter

| Posted at 22:54 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES