2013.04.27

ヒッピーのようなレストラン。60’s。

アナンダスパで働いてから、始めての休日を貰ったので、リシケッシュにまた戻ってきた。

今回は、一泊することにした。

アナンダのスタッフ達は、清潔なところが無いから、やめたほうが良いと言っていた。

僕はアナンダのような5スターも快適だけれど、かなり怪しいホテルや、かなりベーシックな宿も、それなりの趣があって好きだ。

 

このリシケッシュでは見つけ出したい所が幾つかあるのです。

僕が居た2つのヨガアシュラム。

ただで、何泊もさせてくれた宿とそこにいたスワミ。

支払いをしようとしても、お金を取らなかった。

その近くのレストラン。アシュラムの食事に飽きるといつもそこに行っていた。

ここも、なぜかよく無料にしてくれた。

ぼくは、そんなに貧乏に見えたわけではないはずのに。

有難いことだった。

十代の日本人は、僕だけだったとは思うけど。

 

そして、何よりも自分の中での巡礼だ。

 

今、60’s というヒッピーのようなレストランで夕食をとっている。

ガンジス川を見下ろす小さなレストラン。

外人と言っても白人が客のほとんどで、子供達も多い。

多くの客がお互い面識があるようだ。インターネットが無料なので、コンピュータを使っている客も多い。

 

流れている音楽はすべて60年代の曲。

ビートルズ、ドーアズ、サイモン&ガーファンクルなどの曲が流れている。

ビートルズ、シネクラブの会長の一応、二代目である僕には勿論ビートルズは深い関係がある。リシケッシュは、得に縁がある。その話はまた後で。

僕の大好きなオーティスレディングも流れた。

 

オートリキシャ(タイのトゥクトゥク)が、これぞとばかり大きな音を出しながら走っている。

僕がいた頃は、馬車だった。自転車のリキシャも無かったと記憶している。

そういえば、40年前は、多くのヒッピーたちがここにいたなあ。

ヒッピー運動のことを、忘れていたけれど、その頃の僕は結構影響されていた。

Post to Twitter

| Posted at 01:28 | 未分類 | この記事のURL | コメント(1)


 

今ではインドに勉強にいくヨガのインストラクターの方とかがたくさんいるけれど、40年前に体当たりな感じで訪ねていった少年の頃の大内さんに、凄いなあ!!って思います。
そして、そこで出会ったインドのヨギや偉い人を思うとこちらもワクワクします。ちょっとなんだか会ってみたいです。

posted by:りえ at 2013.05.0117:29

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES