2013.05.18

インドの若い政治家たち。そしてビックリ、インドの新聞に僕が載っていた!

お世話になったインド人家族。ご主人が有名なクリケット選手だったらしい。 奥様は大変な社交家。

お世話になったインド人家族。ご主人が有名なクリケット選手だったらしい。
奥様は大変な社交家。

人気政治家の二人。

人気政治家の二人。

 

活躍している若手の政治家が一同に集まった

活躍している若手の政治家が一同に集まった

僕は、世界でいろんな家族にお世話になることが多い。

今回のデリーも、インド人の友人の両親の家にお世話になった。

僕の友人は、シンガポールに住んでいるのですが、両親がぜひ、泊まりなさいと言ってくれたので、甘えてお邪魔したわけだ。

実は、他の家に泊まらせてもらうのが、僕が大好き。

不思議な趣味とかもしれないけれど、僕は子供の頃から他人の家にお世話になるのが大好きだ。

特に海外では、いろんな新鮮なことが多く学ぶことが多い。いままで、何軒のお家にお世話になったか、今度数えてみようかなあ。

今回も楽しく過ごすことができたのが嬉しかった。

朝は、召使いの方(召使いと呼び捨てにするのは、なんとなく心もと無いのは、僕の貧乏性かなあ。)が、朝の指定の時間にチャイをベッドルームまで持って来てくれるのが、インドだなあと感じた。

僕がアマンダ・スパのオーナーの家族とランチをした日に、夜にマサヒロも興味があるようなパーティがあるから、タージホテルで夜、会いましょうと誘われた。全くなにかは分からなかったけれど参加させてもらうことにした。

India : the future is now” という本の出版記念のパーティで、活躍している若手国会議員がいろいろな意見を書いている本。その中心になった大臣や議員がパネルディスカッションだった。

シャシ・タルール(Shashi Tharoor)という国連の事務局長補佐もした人気大臣がこの本の編集も行い、この日の司会役。

彼は多くの文学賞も貰っている作家でもある。またインドでtwitterで最初に10万人以上のフォロワーがついた人だそうだ。

そこで今のシン首相とガンジー未亡人などの批判を強烈にして一度退任までになったものの、すぐに再選されたほどの人気政治家。インド服をダンディに着こなすチャーミングな人だ。

他にもマハラジャでもあるJyotiraditya ScindiaやJay Pandaなどの有力政治家が出席。

とても勉強になる内容だった。

僕のイメージではインドはとてつもなく古い大国、しかし政治的には1947年にイギリスから独立した若い国だということを認識させられた。

経済的には自由化を始めてまだ20年ほど。(1991年から正式に自由化が始まる。)

ハイテック先進国というイメージもありながら、文盲率がまだ高い。カースト性、言語の問題、健康の問題、隣国との問題、国民の平均年齢が約25歳なのに国会議員は殆どが高齢であり、二代目議員がほとんど。ちなみに日本の平均年齢は約45歳。アメリカは約37歳のようです。

今回主席した議員は、殆どがイギリスやアメリカで大学教育を受けたエリート。

でも、この大国をどうにかしたいという情熱が感じられた。

報道の人たちも沢山来ていたので、なにか見つかるかと思って、インターネットでサーチしてみた。ビックリ、僕がインドの新聞に載っている

http://www.dailymail.co.uk/indiahome/indianews/article-2317853/India-The-Future-Now-MPs-launch-book-young-people-make-difference.html

お世話になっている家族のご主人アバースが、インドのオックスフォード/ケンブリッジ協会の会長だということは知っていたけれど、嘗てクリケットのスターだったことは知らなかった。クリケットは、インド国ナンバー1のスポーツだ。

 

Post to Twitter

| Posted at 05:46 | TaoZenの仲間 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES