2011.01.25

チネイザン・プラクティショナー・コース第三期の修了試験、修了式。

先週末、土曜日に、チネイザン第三期の修了試験があって、日曜日には、修了式がありました。

一年に渡って、皆で、お腹をお互いにかしながら、勉強してきた仲間です。本当に不思議な無理のない仲間が出来上がります。今回で三期めですが、それぞれの期で特徴があるのも面白い。

チネイザンの施術をすることで、沢山のことを僕は学ぶ機会を持ちました。そして、このプラクティショナー・コースをすることで、別の意味で沢山のことを学ぶことが出来ました。皆よりも、教えている僕のほうが沢山のことを学んでいる感じがします。

身体のこと、心のこと、そして人間の絆のこと。沢山のことを学んだり、気がついたり、本当にチネイザンのおかげのことが沢山あります。

修了試験については、一人一人僕がフィードバックを正直にします。一人一人が、いろんな意味で伸びて欲しいからこそ、変に小細工をしないで(出来ないので)正直にアドバイスさせていただいています。皆、心を開いて聞いてくれるのが嬉しい。

それから修了式。なんか涙と笑いの瞬間の連続。大人になってから、こんなに密にいろんな人と、しかも様々な人と友人になることがない!と言ってくれます。僕も隠していますが、涙なみだ。

TaoZenを始めた、一つの目的は、そういう人との触れ合いの場を作ることでした。

四期は中間試験を終えました。中間試験でも、一人一人にアドバイスもします。世界のどこのチネイザンのコースでもこんなに細かくやっているところはありません。

5期は、三月から始まります。五期は、ゴールデンウイークなどを利用した集中型のスケジュールです。ゴールデンウイークが終わったころには、一通りのチネイザンが知人には練習できるようになります。チネイザンのコースは、施術方法に間しては、三分の一、後の三分の一は、西洋医学からの生理学や、東洋的な見方などの勉強、そして三分の一は、瞑想、気功、呼吸法などの練習です。こういう統合的なアプローチではじめてチネイザンの基本が学ぶ事ができます。

1月29日には、このコースに関しての説明会があります。また、2月12日、13日には、生徒による体験ができる体験会もあります。ぜひ参加ください。

必ずなにか自己発見があるチネイザンです。自信を持ってお勧めできます。http://www.chineitsang.jp/ まで。

Post to Twitter

| Posted at 00:36 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES