2007.05.01

気内臓について。。。

4月14日に気内臓マッサージを中心にワークショップを行いましたが、いかがだったのでしょうか?
というのは、日本ではヒーリングのメソッドを、紹介しないで来たのですが、何人もの希望があったので今回は一日のワークショップをしてみました。
一日では、なかなか時間が足りなくって大変でしたが、皆さんとても吸収が良くって、嬉しくなりました。
僕としては、タオゼンのヒーリングメソッドの種を植えてみた、という感じでした。これから、これを育てていったほうがいいのか、それとも、まだ時期ではないのかを見つめてみたかったところもあります。
数年まえに、日本で始めてワークショップをしたときには、いったい人が集まるのだろうか?日本語ではやったことの無かったし、どういう反応なのかも分からなかったのです。その種が、今、確かに育ち出したという実感があります。
ヒーリングは、瞑想とか太極拳とかとはまた別の、面があります。
他人との直接のふれあいと責任があるわけです。

今回のワークショップをやってみての僕は、気内臓、ブッダパーム、コアヒーリングなども、育っていきそうだと感じました。
すこしづつですが、大切に育てていこうと思っています。

気内臓を家族の人にやってみた、今やっているセラピーに取り入れてみた、といったようなメールを頂きました。ブッダパームも習いたいというメールも頂きました。
そういうメールを頂くと、とても嬉しくなります。

どういう風に育てていくかと今、contemplateしているところです。

Post to Twitter

| Posted at 13:02 | ヒーリング | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES