2007.11.13

真向法の長井先生のことを思い出しながら、、

真向法という健康法というか養生法というか、ご存知の方もおおいと思います。簡単な4つのヨガのような動きをするもので、政治家などの中で、とても流行った健康法です。
僕が大学生のときに、当時、真向法の代表だった長井はるか先生のもとで習いました。
長井先生は、なんか腹の出来た、たのもしい方という感じの方だった記憶があります。
真向法、そのものより、長井先生の暖かい人柄の印象が、いまでも強く残っています。

野口体操の野口三千三先生も、大変に素敵な方でした。

お二人とも、なにか普通のところにはいらっしゃらない、もう一つ次元が違うところにいた感じの方でした。

僕は若いときに、こうした素晴しい先生に出会えたことが、とてもラッキーだった。 と、今、しみじみと思います。

他にもたくさんの先生と出会うことが出来ました。

今、思うと、当時は、どんなに貴重な人たちだったか、全くわからずに会っていました。
でも、彼らの心というか、暖かさというか、大きさというか、そういうものが、今でも伝わっています。やはり凄い人たちだったんだなあと
今ころになって、感じています。
そう思いながら、真向法をしてみました。

太極拳を教えてくれた楊名時先生も、大変な方でした。本当に優しい穏やかな大地のようか方でした。

こういう方たちが亡くなってしまった、今、まだ生きている偉大な先生たちを、もっと大切にしないとなあって、ふと思って、ちょっと寂しくなりました。

テクニックでは、ないんですね大切なものは。人間です。人間がなにか圧倒的に大切で、見えないもの、説明できないものを伝えて、そしてそれを発達していくのでしょうね。

今夜は、太極拳をオープンセンターで教えながら、素晴しいものを教得ていただいたものだと、自分で感動しながら、やっていました。
その気持ちが多少でも通じたのかと思います。ちょっと涙を浮かべながら、ゆっくり太極拳を学んでくれていた方が何人かいました。

有り難いことです。

Post to Twitter

| Posted at 13:28 | ニューヨーク・ライフ | この記事のURL | コメント(2)


 

私たちには大内先生という素晴らしい先生がいます。
これからも出会う人々に先生の持っている技術と心を伝えていってください。
私たちも大内先生とお会いするたびに さまざまなことを学ばせていただいています。

posted by:雫 at 2007.11.1313:46

先生と呼ばれるのが、どうもねえ。
僕は確かに教えているのですが、それよりもシェアをしているというのが本当の気持ちです。一緒にやっていこうとしているという感じです。
まあ、あんまり気にしない方がいいのかもしれないけど、やっぱり普通に大内さんとかいうのがいいなあ。
ニックネームがあると、もっといいのだろうけどねえ。
僕もシェアする度に、教えてもらっています。貴重なことを。
だから辞められないのです、タオゼンを。

posted by:masahiro at 2007.11.1413:20

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES