2008.08.30

バラク・オバマの大統領指名受諾演説をみて

TV(CNN)で、民主党全国大会でのバラク・オバマの大統領指名受託演説をみた。

バラク・オバマが、大統領候補に選ばれるということ自体が凄いことだと思う。こんな怪しい名前の黒人が大統領になる可能性があるということ自体が凄い。アメリカンドリームだなあって思う。

オバマの演説が結構、感動を呼んだ。僕も、目に涙のところがいくつがあった。共和党の全国大会も見てみて比較したいと思っています。

オバマが、アメリカンドリームだから、演説が上手だから、それがそのまま大統領として相応しいかはまた別のことです。でも、ブッシュの8年というのは、残念ながら、僕にとっては、歴史の逆行だったと思っています。それが僕をアメリカから離した一つの理由でもあります。

それにしても、オバマのような、スッキリしている内容を、スッキリと表現できるようなことは日本の政治家が出来ないのだろうか?あるいは国民が望んでいないのかもしれません

Post to Twitter

| Posted at 09:24 | ニューヨーク・ライフ | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES