2011.02.25

なお、が作ったCDが日本でも出ました。そして僕が作った名曲。

僕のブログには、あんまりコメントを載せてくれる人が多くないのですが、(何故だろう?でも最近、ちょっと多くなってきたので、嬉しい。)ただ一人、良くコメントを書いてくる人に、なおという友人がいます。彼は、ロサンゼルスに30年住んでいる日本人。一緒に広告の仕事もかなりしたことのあります。

広告の仕事をしながら、好きな音楽を諦めずに、ずっと続けています。今回出したCDは、Invisible Touchというアルバムで、全曲彼が英語で作詞。Zak Magamiという名前で音楽はやっています。ボサノバだけれど、ロスな感じの、優しい海岸の風を感じるような音楽です。こういう雰囲気って、その場所に長くいないと出てこない味かもしれない。僕はボサノバとかブラジルの音楽が大好きで、沢山のCDを持っている。でも、こういうロスな感じの曲はないなあ。このアルバムには、ロスの風が吹いています。

彼が、この間、メールで書いてくれたことです。

昔ねNYで大内くんと話した内容なんだけど、覚えているかな?

『歌をうたって有名になるより、自分の作った歌がみんなに歌われて後に

残る方がぼくはいいな!』って 大内くんが言ったんですよ。

それをづっと覚えてました。

そういわれてみると、僕は知らない遠くの外国のカフェとかバーで音楽が聞こえてくると、良くあるシーンをイメージするんです。いままで何回も、デジャブのように、思い出すんです。

”流れてくる曲を僕が作曲していて、それを誰も知らない。皆僕の作った曲を楽しんでいるのが分かって、決してこの曲は僕が作ったなんて誰にも言わずに、(しかも僕が作った曲は、その一曲だけなんだ。)僕は一人、ニヤニヤ、コニャックでもゆっくり飲んでいて、、生きていて良かったなあって、一人で感じたりしている。”

でも実際は、僕は、作曲もできないし、お酒も飲めない。なぜか、このイメージを何回もイメージして、ちょっと切ない幸せを味わうんです。 ***

なおの作詞した曲が集ったアルバムは、

http://www.youtube.com/watch?v=FRXQKqIh3x8 でサンプルを見る(聴く)事が出来ます。

http://www2.odn.ne.jp/obbligato/ で注文が出来ます。

ところで、僕が作曲した世界中で演奏されている曲は、まだどこでも試聴できません。もし、どこかで聴く事できたら、教えてください。

僕も聴きたいので。。。

Post to Twitter

| Posted at 23:03 | 未分類 | この記事のURL | コメント(6)


 

きょうの先生の記事はなんとなく、ロスというよりはサンフランシスコな感じがするのです。バークレーの清潔な感じとかぶりました。わたしもこんな文章が書けたらどんなにいいだろうか。いつも頭のなかで考えすぎて、書けなくなるのです。

posted by:やよい at 2011.02.2601:33

ご紹介ありがとうございます。嬉しいです! 自分の作った曲が一人でも多くの人に聞いてもらえるのが嬉しいです。Thank you!

posted by:なお at 2011.02.2602:00

TaoZenさん
このたびはBrusa de Marのアルバムを御紹介頂き誠にありがとうございます。
Zakさんと仲間とで作りあげた音楽はロスの香りがしましたか?
僕もBossa Novaが大好きです♪
今度TaoZenさんが作曲された曲教えて下さいませ。
         Yujin Dan

posted by:Yujin Dan at 2011.02.2602:50

あれ、僕の名曲は、まだ出来てないんでっすよ。
まあ、心のなかに、(誰の心の中にあるかは不明)あるんですよ。
へ理屈みたいだけど、本気。(信じる力は怖いねえ))

posted by:masahiro at 2011.02.2609:40

ボサノバを聞くと、ぷふぁ~とお腹からリラクッスできますよネ。タオゼンをしている皆さんの声などを背景に、 タオゼン・ボサがリリースされるのを楽しみにしてます!

posted by:ミジンコ at 2011.02.2615:50

大内さんの♪名曲(笑)たのしみですね~^ ^ 信じてたら聴ける気がする!!
私は繰り返し見る夢の中で流れる曲があって、これ世に出たらかなり名曲~と夢の中で自負しています(笑)
最初はメロディだけで、それにベースが入って今は唄もついてます。あと300年くらい寝てたら完成するかな??(笑)
でも目醒めると憶えてないのよね^ ^;

posted by:nae at 2011.02.2700:04

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES