2011.09.18

コラ・ボーネルさんの死去、という記事。

最近は、すっかり紙の新聞を見なくなってしまった。インターネット新聞で済ましている。

良い所は古新聞が溜まらないところと、東京にいてもニューヨークタイムスをその日読める事。

悪いところは、味気ないところと、自分が興味のあるところにしか読まなくなってしまう事。紙だと、ぺらぺら捲っているうちに、自分では全く興味のないジャンルの記事でも読んでいたりする。でも、インターネットだと、そういうことはほとんどない。あとは、レイアウトの面白さというものが無い。

さっき、インターネット新聞をみていたら、最後のほうに載っていた記事が眼に止まった。「コラ・ボーケルさん死去」という記事だった。あれ、まだ生きていたんだっということと、もう何十年も、それもかなり何十年も、この人の名前を来た事も、この人の歌声も来た事が無かったなあって思った。枯れ葉という曲を有名にした女性歌手だ。さっそくグーグルしてみた。http://www.youtube.com/watch?v=mz-4ab9i16Qの youtubeを観て、中学とかの時って、僕は田舎に居たくせに、なぜかフランスに憧れていたなあって。

シャンソンという言葉も聞かなくなった。コラとか、バルバラとか、ピアフとか好きだった自分が、今では、なんとなく恥ずかしい感じさえする。パリの女性は、皆素敵なんだろうなあって、思っていたのも、不思議だ。

でも、やっぱり良い。今、聞いてもなんか良い。コラ・ボーケルさんは、93歳だったらしい。外人の名前に「さん」をつけると不思議な妙だ。

インターネット新聞でも、ふと、こういう記事が見つかるものなんだなあ。

Post to Twitter

| Posted at 23:15 | 未分類 | この記事のURL | コメント(3)


 

私もテレビでみた事があります~青春時代?淡々かつ叙情的な表現力に惹かれました。ご冥福をお祈りします。

posted by:秋刀魚 at 2011.09.1910:11

いつまでも青春だと、思っているのが、暢気?俺は。
時々、最近の大人は、とか、あのオヤジたちは、という表現をしていまい、この間、「大内さん、あなたは大人ですよ!」と言われた。
そうだ、俺は十二分にオヤジだった。自覚ないところが、もっとオヤジかもしれないなあ。

posted by:masahiro at 2011.09.1912:15

ここ最近みなまわりの人が年とってしまいます。ぼくだけ置いてきぼり。時間の空間が違うようにおもう。 なんてコメントするのもオヤジなのかな?

posted by:nao at 2011.09.2004:07

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES