2012.04.06

スティーブ・ジョブスの伝記を読んでいて、びっくり。

スティーブ・ジョブスの伝記を遅ればされながら読んでいます。僕は伝記を読むことは全くと言ってないのですが、次の本の為に読み始めたところです。

まだ、始めの100ページくらいの所ですがびっくりすることがありました。

彼が自分探しでインドに行った同じ年に、僕もインドに自分探しで過ごしているようなのです。スティーブが辿り着いたヨガアシュラムは、僕がいたアシュラムとは、本当に近いところ。北インドのヒマラヤの麓のハルドワールの近く。彼はナイニタール、僕はリシュケーシュ。彼はインドに7ヶ月、僕は一年。

その後、彼は、原初絶叫療法というものに凝ったと書いてあったのですが、これって、僕がやっていたプライマル・スクリームのことだ。

プライマル・スクリーム療法は、1970年代にある種の人達に流行った心理療法です。ジョン・レノンや、ダスティン・ホフマン、ロバート・デニーロ、アル・パチーノなどのアクターズスタジオの面々もやっていたものです。僕も75年ころには、二年ほど凝っていました。

考えてみたら、僕は大学の2年くらいから5年、いや、10年くらいは自分探しをしていたんだなあって思い出しました。その一環で、ニューヨークまで行ったり、結婚したり離婚したり。

スティーブ・ジョブとは、僕は接点があまりないなあと思っていたのでちょっとびっくり。そういえば、彼の若いときの自分のアパートに居る写真をみると僕の最初のサンフランシスコのアパートと似ていた。殆どなにもなくって、ステレオだけ立派で。椅子も机もなくって、スタンドライトが1つだけ。

その当時のある意味ではトレンドだったのかもしれませんが、なんか懐かしくなってしまったわけです。

今回の本で、1つの章で、僕と瞑想との出会いとその後を書く予定でした。実際書いてみたら、なかなか書けないのです。たくさんのことが起きていて、それを書くとなんか、自伝みたいになるか、小説みたいになってしまうのです。結局、それは割愛しました。いつかなんかの形で書きたいなあと思っています。でも、恥ずかしいので、自分だけの為に小説風に書いてみようかなあ。時々、ブログでも書こうかなあとも思っています。

なんか、だれかの役に立つかもしれないなあって思いました。

スティーブ・ジョブスが、僕と同時代の人だということを全く認識していませんでした。僕よりももっともっと年上だと思っていた。僕は自分が大人になっていることを忘れている事が多いのです。「大人は、本当に困ったものだ!」と良く思うことがあるのです。

Post to Twitter

| Posted at 23:17 | 未分類 | この記事のURL | コメント(2)


 

僕は大内さんの自伝を以前から一番に予約していますよ♪
ぜひ
「Ad industry & Meditation life」
のタイトルくらいで大内さんの人生をひもといてみてほしいです☆

どちらでも「素晴らしい表現」してきているのですから♪

posted by:たっきー at 2012.04.1622:01

僕自身のことも少し書こうと思って、少し書いてみたのですが、この本に載せるのはやめました。
詳しく書くとなんか自伝みたいでどうも嫌な感じだったし、簡単に書くとニュアンスが無くなってしまうし、
ということで辞めました。多少の僕の経験をエピソードみたいには書いたものもあります。

でも、自分のためには、すこし僕の進んできたことを時系列的にまとめてみようと思っています。

posted by:masahiro at 2012.04.1709:02

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES