2012.06.22

マグリット美術館

ベルギーを代表する画家といえば、ルネ・マグリット。

王立美術館に新しくできたマグリット美術館を訪れました。

シューレアリズムのアートは、大体が好きだけれど、彼のアートをシュールだと思ってみた事がありませんでした。

僕は、マグリットの絵は比較的好き。ポップアートのはしりだと認識していました。

時間がある時には、美術館では、大抵オーディオ・ツアーを借りるけれど、今回も借りてみた。

そうするとマグリットのアートの変化が分かり易くて面白かった。

現代の僕にとっては、シューレアリズムは、ごく普通な感じがするもの面白い。

そして現在のアートはどこに向っているのだろうか?コマーシャリズムに向っていないと良いのだけれど。

実際に見てみると、本で見ていて想像していたよりも、迫力というか、絵から迫ってくる力があんまり感じなかった気がします。

それは、彼の絵の問題なのか、僕が勝手に想像しすぎていたのか、あるいは、この美術館にあるものの選別のせいなのかは、分かりません。

絵でも、音楽でも、建物でも、人でも、実際に本物を見てみる、聞いてみる、感じてみるというのは、大切だと思っています。

 

 

 

Post to Twitter

| Posted at 22:08 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES