2011.09.14

マーハバリプラムの遺跡は、パワーもユーモアもいっぱい。

(9月5日)

マーハバリプラムの遺跡は、パワーがいっぱいだ。

それは巨大な岩のもっている力と、多くの人の祈りと、そして歴史と、ヒンズー教のもつパワーなどが混じったものだと思う。

そのなかに、ユーモアが見つけられるのも嬉しい。

巨大な一つの岩壁に彫った「ガンガーの降下」という有名なレリーフにもよく見ると沢山のユーモアが刻み込まれている。(僕はこの遺跡がとても気に入ってしまった。)

高さ9メートル、幅27メートルの巨大な岩に彫ったもの

猫がヨガの真似をしていたり、岩の割れ目をガンジス川にしたり、神のそばにネズミがいたり、何時間観ていても楽しい。自分で勝手にストーリを考えてもいいし、インド神話のどこなのかを調べてみても良い。

シバの横でヨガをしている。

右下の猫はそのヨギの真似をしている。真ん中はナーガとナギーニ(雄と雌の蛇)ガンジス川のシンボル。

イケメンのクリシュナに女性たちがすっかり虜になってしまっている様子も楽しい。赤ちゃんのことも忘れてクリシュナに魅せれてしまっているお母さんもいる。中には明らかにギリシャ彫刻のようなものもあれば、中国の獅子もいる。

広大な範囲にかなりの数の遺跡がある。観光客は、ほとんどがインド人で、あんまり外人は見当たらなかった。観光の仕方も遺跡の中に自由に入れたり触れたり坐れたり、リラックスしているのも良い。

インドの底力が、ここでも感じられた。

この寺院も一つの岩から彫ったもの。

世界遺産に乗って上機嫌!?ちなみに後ろに見えるものも全部含めて一つの岩。

Post to Twitter

| Posted at 23:35 | 未分類 | この記事のURL | コメント(5)


 

神々と人々は、こんなにも近い時代があったんですね…いろんな音が聞こえてくるようです!昼間は暑くないですか?

posted by:牡丹餅 at 2011.09.1509:00

暑かった!!でも東京も暑いですねえ。どうなっているの、この暑さ。(9月15日現在)

神は、今でもどこにでも見つけられるのではと、最近とみに感じています。神らしくないところに、神らしくなく、居るのような感じ。

posted by:masahiro at 2011.09.1510:07

楽しい写真ですね。色々な文化が混じりあっている歴史が見えますね。動物に乗っている人は靴を脱いでいるのが印象的。看板とかもなくて凄く自然。アトランタで行った一つの岩の山も懐かしいね。。思い出した。

posted by:なお at 2011.09.1514:46

一つ一つのモチーフをもっと良く見てみたくなります。興味深いです。
長女が今週末に、遅い夏休みでバンガロールに住む友人を訪ねるようです。マーハバリプラムの遺跡のことを伝えておきます。

posted by:ヤンバル at 2011.09.1601:31

バンガロールは、チェンナイと違ってかなりの近代都市になっているようです。
僕は空港しかしりませんが、あの辺りにも遺跡とかあるのではないかと思います。
僕が教えた学校と村は、バンガロールから車で2時間半くらいのところでした。

posted by:masahiro at 2011.09.1611:28

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES