2013.05.08

ビートルズのいたアシュラム。珍しい動画が見つかった。(その2)

Unknown

僕がここに居たときには、彼らが滞在してから数年後だったにも関わらず、特にビートルズの面影は感じなかった。

すでに、マハリシ・ヨーギーは、世界ツアーに忙しくスイスにも拠点を作り始めていたと記憶する。

マハリシの第二の弟子をいうヨーギー(この人もかなり体格の良い方だったなあ)から、イニシエーションを受けてプライベートセッションも受けた。

このアシュラムでは、僕は一人部屋で確かトイレもシャワーも付いていたような記憶がある。

僕の隣の部屋には、イタリア人の暢気な男がいつもシターを弾いていた。

ここでも厳しい修行はなく、僕の期待とは裏腹に、至ってノンビリのスケジュールだった。

ビートルズは彼らのワイフやガールフレンド、そしてドノバンやビーチボーイのマイク・ラブや、ミヤ・ファローなどの友人など総勢60名ほどで来たらしい。

滞在期間に様々なエピソードがあった。マハリシ・ヨーギーが大変なお金を要求したとか、ミア・ファローにおちょっかいを出したとか。このストーリーは後で修正されて、ビートルズがマハリシの為にコンサートをしたらしい。ジョン・レノンはヨーコに毎日電報を打っていたとか、30曲以上の曲を書いたとか。

それが1968年だったらしい。そうするとジョンは28歳、ポールは26歳。ミア・ファローは、フランクシナトラと離婚したばかりの23歳。

いろんなことが起きなければ可笑しい年齢とグループだ。

僕がこのアシュラムにいたのが、どうも1973年か72年。

今、ウィキペディアで調べて分かってビックリしたことがある。当時のマハリシ・ヨーギーは典型的なヨーギーな感じの白い長いあごヒゲに痩せた体格で、僕はなんとなく彼はかなりの年齢だと思っていた。なんと彼は1918年生まれだから、55歳くらいだったわけだ。ウーン。イメージ先行な感じがするよなあ。

大変に珍しい動画が見つかった。ビートルズと、その仲間がこのアシュラムに居たときの画像。なぜかイタリア語なのも良い。

この映像のほうで懐かしい画面が沢山みつかった。ぜひ、見てみてください。

ビートルズが、間接的に僕の生き方に影響を与えていたことも、忘れていた。

 

 

Post to Twitter

| Posted at 21:03 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES