2014.09.27

プラド美術館。エル・グレコと近代絵画。

IMG_1483 オランダでの太極拳のワークショップを終え, スペインのマドリッドに来た。

ここでは、ジャーナリスト向けのミニワークショップと、テレビ番組への出演のために来た。

これは、南スペインにある“Sha  Wellness “というウエルネスリゾートとのプロモーションのためだ。

びっしりのスケジュールの中、なんとかプラド美術館に足を向けることができた。

10年以上前に、マドリッドに来た時にもプラドには行ったけれど、もう一度、ゴヤの「裸のマハ」とボッスの「快楽の園」を見たいと思った。

街で、1人でイベリコ豚のサンドイッチを食べてから行ってみた。

Unknown-2   「エル・グレコと近代美術」という特別展をやっていた。

まずは、この特別展をみた。 エル・グレコのような宗教画には、僕は最近までは全く興味がなかったけれど、この数年はなぜか興味がある。

イタリアに続けて行くようになってからだと思う。ある意味で、キリスト教の絵画には偏見があったと思う。

そうは言っても、やはり現代美術のほうに、そして抽象画のほうに興味があるのは確かだ。

それは、僕には分かりやすいからだと思う。現代美術のほうが、普段の僕のものの考え方や見方に近いのだろうと思う。

期待もしなかった、この特別展だったけれど、かなり興味深かった。

エル・グレコについては、数点の有名な絵しか知らなかったと思っていたけれど、 彼の作品がピカソ、セザンヌ、モデリアーニ、ディエゴ・リベラ、シャガール、そしてジャクソン・ポッラックまでに強い影響を与えていたとは、 ビックリ。

エル・グレコの作品とともに、近代美術の巨匠の数々の作品を並べている。

美術に関して、特に教育を受けたわけでもない僕だけれど、美術館に行くのは大好きだ。

僕にとっては、ある種の瞑想でもあり、呼吸でもある。

目に見えるもの以上のなにかとの繋がりだと感じる。

 

 

この展覧会は、10月までプラドでやっている。もし機会があったら、ぜひお勧めだ。

ここ後に、いろいろ世界を回る企画展かもしれない。 要、注目です。

Post to Twitter

| Posted at 04:18 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES