2010.08.20

Ketutさんのスクーターの後ろで1日だったので

流石にスクーターの後ろでの1日は疲れた。それに暑いし。きっと東京ほど暑くないのかもしれないけど。

ということで詳しいことは書くエネルギーがないけど、今日はTaoZenのリトリートができる可能性のあるところを探して回った。

一カ所とても良い所が見つかった。ウイークエンドワークショップをやれる所も見つかった。でも、まだ、バリでやるべきかは、決定していない。

Ketut さん夫妻は、恵まれない子供たち100人以上を面倒みている。そこに行った。詳しいことは、また別に書くとして、なかなか感動した。ダウン症の子供など障害のある子供たち、孤児などです。僕は子供を扱うのが得意じゃないのですが、まあ、慕われちゃってた。

TaoZenで、ぜひ実現したいアイデアの中に、恵まれない子供たちへのプロジェクト、それから恵まれない女性たちへのプロジェクトがあります。

どこから始めたらいいのかは全く具体性はないのですが、こうして巡り会えるものかもしれない。ずうと昔から心に描いていたのは、子供のためのものはアジアとアフリカで、女性へのためのものは、インドかチベットかと思っていた。なぜ、それをしたいのか、ということはまた別の機会に。

とにかく今夜は写真だけでもアップします。(とても眠いので。夕べは部屋の中にコウモリが入っていて、なんども起こされたしねえ)

Post to Twitter

| Posted at 23:38 | TaoZenプラクティス, 想い | この記事のURL | コメント(1)


 

Ketutさん夫妻、本当にすごいですね。なかなかできることじゃないですよね。

posted by:けい at 2010.08.2100:47

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES