2011.02.09

日本人は勤勉で真面目?!

日本人は勤勉で真面目だ。と、僕も数年まえまでは思っていた。

多くの日本人も、そう信じているのじゃないかなあ?ということは、日本人以外は、比較的、真面目でなく、勤勉でないということになるということを信じているということも考えずに。

でも、本当にそうだろうか?実は、真面目で勤勉だった時期が長かったような気がする。今は、本当は、真面目で勤勉なことになっているというのが本当な感じがする。たしかに、真面目で勤勉な様子を繕っていることは確かだ。

でも、本当に勤勉だろうか?

真面目ということが、どういうことか、実は良くわからないけれど、社会の良いとすることを実直に守ることを真面目というのだろうか?自分が決めたことを必ずすることが真面目なのだろうか?

いろんな国の人と触れてみて、そして働いてみて、たしかに日本人が、勤勉かどうかは、どうも怪しい。勤勉ブルことは確かだけれど。ルールは守る人が多いように思えるけれど。

本当に勤勉だったり、自分に真面目だったりするのは、僕は素晴らしいと思う。でも、それは体裁で、そうすることではない。日本人が真面目で勤勉だと思っているのが、とても傲慢な感じがするのです。

ここまで書いて、気がついたことがある。確かに僕らに欠けている要素がある。それはバイタリティだ。バイタリティと勤勉が混じって、凄い人と良く外国では会う。どうしたんだろう、僕ら日本人は。

地方のことに対して、ひとり言を呟いたら、いろんな反応があったので、もう一つ、ひとり言を呟いています。

僕は、日本の資源は、『人の質』だと強く信じている。もっとバイタリティのある勤勉な日本人が沢山出てきて欲しい。すこしでもいいから、とにかく自分の出来るバイタリティとか、情熱とか、を見つけていかなくてはねえ。

Post to Twitter

| Posted at 23:05 | 未分類 | この記事のURL | コメント(6)


 

オフィスに日本人留学生のインターンを採用してますが、みんな日本に帰って就職をすることをゴールにしている。起業したりアメリカに残って働くなんてことはこれっぽっちも考えてないんだよね、がっかりします。
いつもアメリカでなにを学んだかを聞くと”コンピィーターサイエンス”とかいうけど。アメリカに来て本当に学んでほしいのは開拓精神と独立精神なんだよね。それを言ってもピント来ないようですが、これってバイタリティーなんだよね! 人間が小さくなってきていると思う。

posted by:なお at 2011.02.1002:48

その通りだと思います。日本には情熱のないお仕着せの真面目を日々やっている人が多いと思います。生き生きした表情の人や子供みたいな顔つきの人は外国人に多いとのではないでしょうか。はっきり言ってくれるとスッキリしますね(笑)ありがとうございます。

posted by:Aya at 2011.02.1005:30

いろいろ、コメント有り難う。
外人が良いというのではなく、なにか我々日本人が、今、とても欠けているものが大きいような気がするんです。
何だろう?

posted by:masahiro at 2011.02.1009:31

これ、すごくわかる気がします。
日本と外国との間に立って仕事していると、痛感することですね。

日本人は何ヶ月も前から会議して、準備して、とてもていねいに見えるのですが、土壇場で変更があると、気分を害してしまい、そして、実際に対応するまでに、時間がかかることがままあります。

プロセスも大切なのですが、目的を達成、あるいは現状を改善するのに、今、何がベターなのかという視点がどうも欠けている気がします。完璧をめざすあまり、その時々でのベターが見えなくなるのかもしれません。

間違い恐れないバイタリティ、間違いがわかったときには訂正していく潔さ、ジャッジのスピード感が欠けているのかなと思います。今の政治を見ていても。

posted by:Kyoko at 2011.02.1010:13

こんにちは。はじめまして!私は海外に住んだことはありませんが、日本人に今、全く欠落しているのは、想像力を伴う思いやりだと思います。昔の人は、お茶飲みしているだけなのに、自分の体験等を交えて、生きる上で大切な事をたくさん、氣を持って伝えてくれたような氣がします。コミュニティが機能しなくなり、崩壊してしまったのでしょうか…何とかしなくては!

posted by:ららん at 2011.02.1010:30

こうして考え始めると、いっぱいありますよねえ。
TVについても、かなり言いたいことがあります。
これについては、また別の時に。

みんな、愚痴じゃなくって、愛のある提言だと思うので、とても嬉しい。

posted by:masahiro at 2011.02.1023:20

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES