2008.08.27

瞑想について、いい質問があったので。

瞑想についての、いい質問がありました.
本人の承諾を得ましたので、Q & Aの形で紹介させていただきます。

***

おはようございます。
> 日曜日は、どうもありがとうございました!
>
> その後はワークブックを持ち歩いて、瞑想&Three wishes,毎日実行してます。
> (ヤントラにクレヨンで色を塗ったり、修正したりもしました!)
>
> ところで、今日、朝、瞑想をしていて疑問になったことがありまして、
> 瞑想中なのですが、
> あえて何も考えないようにした方がよいのでしょうか?
> それとも、願いについて考えてしまってもよいのでしょうか?
> それとも、それ以外のことを考えてしまってもよいのでしょうか?
> 心が落ち着いているときは、何も考えずリラックスできるのですが
> 考えごとが多いときには、自分があせっているのがわかったりして
> どうしても、ゆったりとした気分になることができません。
> そう思うと、何を目的に瞑想するのか理解しておいた方が
> 思考を整理できるかな、とも思ったりします。
> 何しろ瞑想自体が人生で初めての体験で
> 超初歩的で恐縮ですが、アドバイスいただけたらと思います。
>
> お風呂でのThree Wishes も、早速今晩試してみます!!
>
> そして、願いはすでに叶っている、と信じて
> 毎日わくわくしながら過ごしていこうと思います!
>
> では、大内先生のThree witshes も叶いますよう、
> お祈りしております!

とてもいい質問有難うございます。

瞑想には、いろいろありますが、とにかくなるべく心と身体を静かにして、自分の心と身体と魂を眺めてみるとういうことからはじまります。

眺めるわけですから、どうかなあといって味わうわけです。決して変えようとか、落ち着けようとか、そういうことはむしろしないで、そのマンマがいいのです。といってもそれが出来たら大変なことです。

三つの願いのことは特に考えないほうがいいと思います。呼吸をしてその後はゆっくりとしてください。時によっては、ゆっくり心と身体が開くような感じのときもあります。いわゆる雑念と言われるような想いがどんどん沸いてくるときもありますし、一つの怨念のようなものに、あるいは、感情に囚われることもあります。

心と身体が透き通ったような気分のときもあります。濁りきっているいる時もあります。
そういう違いがあって、そのままがいいのです。そのままを味わうというのが瞑想のミソです。そこから実は始まるような気がします。

長くなりましたが、というわけで、瞑想をしているときには、特別になにかを考えるということはしない。自然に来たら、きてもいい、来なくてもいい。

とにかく、今は21日続けてください。
14日に、もっと瞑想のことなどをお話したいと思っています。他に質問なり、発見なりがありましたら、メールでもいただけたらと思っています。

有難うございます。

21日行を楽しみましょうね。ちょっとワクワクしながら、そういう静かなワクワク感がいいのです。

大内雅弘

Post to Twitter

| Posted at 01:13 | TaoZenワークショップ | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES