2011.03.21

いろいろ考えている、いろいろ感じている。いっぱい考えよう、感じよう。

なにかTVの様子がすこし、落ち着いてきて、街も落ち着いてきたようなのかなあ。

まだまだ、そういう時ではないと思う。こういう危機の時に、しかも歴史的な危機の時に、平常のことをしていることも、平常心でいようとすることも大切だ。しかし、こういう時こそ、いっぱい考えて、いっぱい感じることが必要だと信じている。

911のテロの時もいっぱい考えたし、感じた。なにを感じたら良いのか、なにを考えたらいいのか、なにをしたら良いのか、分からなくても良い。とにかくいっぱい、いろんな方向から、考える。そうしないといけないと思う。僕たちには当事者という責任がある。

なにを考えるかということが大切ではなく、とにかく、一生懸命、いろんな方向から考えよう。

戦争中、戦後、それなりにいっぱい考えたんだと思うけど、、。

今、僕らが考え抜くことから逃げてしまったら勿体ない。沢山の犠牲が勿体ない。

そして、瞑想は、ある意味では、深い思考方法だ。そして深く繋がる手段だ、と信じています。

瞑想のある生き方を、提唱してきたけど、正しいと思っている。

Post to Twitter

| Posted at 22:48 | 未分類 | この記事のURL | コメント(4)


 

本当にその通りです。歴史を積み上げてきた自分達を、どのような方向へ向かわせるのか…しっかり腹で考えたいです。

posted by:浅利 at 2011.03.2123:32

有り難うございます。
不器用だけど、表現したいことはいっぱいあるんです。
一緒に、考えながら、感じながら、進んでいきましょう。
いったいどっちに向かって進んでいるのかは、それは、僕たちには分からないけど、それでも良いと感じるほうに向かって。

posted by:masahiro at 2011.03.2201:05

ちなみに、これから胆力をもって、逃げずに考え抜き諸々選びとっていくにあたって、「地震」「原発」「放射能」これらにまつわる苦痛、恐怖、などなどから数分でも一瞬でも完全に意識を離脱させることも重要だと感じています。
なんとなく逃げてしまう為に、ではなく考え抜く身体の為に。
その意味でも瞑想は有効と思います。
危機感と同時に安心、穏やかさの場を持たない人間の発想、行動がわたしたちに穏やかさをもたらすことはないと思う。

それから、自らの内に穏やかさのベースがあるとき、そこから他者と深く繋がっていくとき。やっていることが何であってもそこでは必ず瞑想が行われていると思います。
瞑想状態のときがイチバン頭いいし、やさしいし、全体性と繋がっている感じがします。

posted by:ビビ at 2011.03.2201:15

地震以来ぼくも僕なりに色々と考えた。いろいろといろいろと いま思う事はこの時間を持てることに感謝だなということです。 そこから始まるね。

posted by:なお at 2011.03.2202:35

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES