2011.04.03

どこでも出来る、安心と睡眠の呼吸 「手のひら呼吸」

安心と睡眠の「手の平呼吸」これは、elle on line( http://www.elle.co.jp/wellness/holistic)に書いたものですが、きっと役にたつかと思ってここにも載せました。

ビデオは簡単なものでご免なさい。http://www.youtube.com/watch?v=13yqPfwzxjI

落ち着かなくて仕事に集中できないときや眠れないときに、どこでも使える呼吸法を紹介します。もともとは、不眠症を解消する方法をいろいろリサーチして試しているときに出合ったものです。ベッドのなかでも、地下鉄のなかでも、オフィスででもできる方法です。ゆっくりと行うことによって効果が出てきます。呼吸法や瞑想は、やればやるほど効果が出やすくなります。最初は毎日やってみることをお勧めします。

手の平の真ん中に「労宮」というツボがあります。手を軽く握ったときに中指が触れたところが労宮です。左手の労宮(左利きの方は右手)のところに右手の人差し指の先でそっと触ります。軽いタッチです。

右手の人差し指をゆっくりと軽いタッチで手首のほうに下ろしていきます。手首の真ん中のしわになるところに中衝(ちゅうしょう)というツボがあります。そこまで触りながら下ろしていきます。呼吸は動きに合わせてゆっくりと吐きながら。そして、今度はゆっくりと息を吸いながら、労宮にもどってきます。

次に吐きながら、右の中指を左の中指の先端までスライドしながら上げていきます。吐きながら、右中指を労宮にもどします。

タッチはできるだけ軽く、動きはゆっくりとスムースに。その動きに合わせて呼吸をします。これを5回繰り返して、最後に労宮のところに中指をそっと休ませて、ゆっくりと深呼吸を3回。右手と左手の両方をやるともっと効果がでます。

不眠症の傾向のある人や、不安や興奮が強いと思う人は、この「手の平呼吸」を1日に5回から6回くらい行います。数日で効果が感じられるはずです。そうしたら徐々に回数を減らしていきます。慣れてくると必要なときだけで充分になってきます。

心が穏やかな状態がどんなに大切なことかも、経験していただけると思います。ぜひ試してみてください。もっと深い心の静かさに触れるためには、瞑想が大切だと確信しています。毎日の瞑想も加えるといっそう効果を楽しむことが出来ます。

Post to Twitter

| Posted at 03:55 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES