2011.04.11

NYで日本の名画鑑賞。「羅生門」「雨月物語」と「西鶴一代女」

NYと東京の違いはいろいろあるけれど、例えば歩く早さ。NYの人のほうが早い。ドアの重さ。地下鉄の音の大きさ。などなど。

映画やアートが大人の生活の中にしみ込んでいることもそうだ。普通の会話の中に映画やアートの話が良く出てくる。ニューヨーカーは、良く映画にいく感じがする。僕も東京にいる時よりもNYにいる時のほうが気軽に映画に行く。それにハリウッドがあんまり好きじゃない僕が行けるような映画館が幾つもあるのが嬉しい。

ダウンタウンにあるフィルム・フォーラムという映画館もそのひとつだ。

今月は日本の5人の名女優というシリーズをやっている。田中絹代、山田五十鈴、京マチ子、原節子、高峰秀子の5人。不思議なもので小津安二郎や、溝口健一、成瀬巳喜男、黒沢明などの日本が誇る映画監督の作品はNYに来てから見るようになった。そのなかでもOzuとKurosawaは、NYの映画好きには欠かせない監督になっている。僕もこっちで何度もOzuの映画を観て、大好きな監督になった。

遠回りで良いものを探し当てることって、結構あると思う。僕がインドを探し当てたのも、ビートルズやピンクパンサーを通してだった。

昨日、午後に時間をつくって「羅生門」と「雨月物語」と観た。昔のように二本立てだった。だからきっと今でもgoing to see moviesと複数形をつかうのだと思う。羅生門は昔みたけど、結構細かいことは覚えていなかった。黒沢らしいドラマと形式美。雨月物語は始めて観た。なかなか凄い。このシリーズで「西鶴一代女」も観たけれど、これは女性を撮った映画としては素晴らしいの一言だ。50年代、60年代には日本では、こんなに素晴らしい映画を作ってきていたのになあ。イタリアもやはり、素晴らしい映画を作っていたのに、今は両方の国の映画に元気がないのは、寂しい。日本は、もっともっと実力があるのに。

僕は大学の4年に時に、映画を作りたいと思って、東宝を受けた。同時に文学座の演出部も受けた。どっちも受かって、両方に通っていたことがあった。今考えると、映画を作りたくって、どうして東宝現代劇と文学座なんだと思うけど、当時はそういうくらいの想像力だったわけだ。

なかなか好きな映画に出会わないけれど、こんどMy Favoritesのリストを作ってみようかな。小津の「東京物語」は、そのなかでもトップの一つだ。5回くらいみたけど、何度観ても良い。

地震以外の話も久しぶりな感じだなあ。この巨大地震の後になって、僕は、でも確実に日本が好きになっているのは確かだ。

Post to Twitter

| Posted at 13:02 | 未分類 | この記事のURL | コメント(9)


 

雨月物語は私の好きな映画の中の一つです。京マチ子の怖くて妖しい魅力は素晴らしいですね。

posted by:Aya at 2011.04.1118:06

雨月も東京物語も、日本が作り出した誇りのある作品です。これからも誇れるものを、どんどん作り上げていかないとね。
眼に見えないものでも良いと思うんです。誇れるもの、どこにでも通じるもの、を追求していきたい。

ところで夕べ、相当眠気でブログしていたので、女優の名前が違っていた。ご免なさい。(笑)

posted by:masahiro at 2011.04.1122:35

そういえば、東京フィルムセンターで、オリジナルの東京物語のフィルムをデシタル処理し、保存してました。でもあの独特な発色は、デシタル処理すると無くなってしまうような氣がします。

posted by:花火 at 2011.04.1316:57

今回、僕が観た羅生門はかなり綺麗だったので、デジタル処理しているのかなあ?
それにしても、あの頃のフィルムは、ライティングが素晴らしい。最近の日本のフィルムはテレビ番組みたいだ。

posted by:masahiro at 2011.04.1412:53

一昨日、祖母の家にあった高峰秀子さんの本を読んで素敵~と思ってたところにブログを拝見したら映画のことが。日本の昔の映画観たくなりました。大内さんの好きな映画リスト、ぜひぜひ載せてくださいませ。

posted by:チネイザン4期のボブ at 2011.04.1408:21

僕は、じつは高峰秀子さんの映画を観た事がないので、今回、ぜひ観てみたいと思っています。
My Favoritesの映画とか音楽とかアートとか本とか、並べてみてみようかなあと、最近思っています。
僕は記憶力が酷くわるいので、すぐに名前とかタイトルとか忘れてしますんです。

僕のドキュメンタリーフィルムのエディターでもあり、親友でもある、メリッサと良くいっしょに映画を観に行くんですが。
二人の好みがとても似ているのです。しかし、二人とも画像のイメージとかシーンとかは、はっきり覚えているのに、タイトルとか誰が出ていたとかは、次の日でももう忘れているんです。

ボブの好きな映画とかは、何ですか?

posted by:masahiro at 2011.04.1412:59

「WONDER UNDER WATER」レニ・リーフェンシュタール監督のただただ海の中を写したドキュメンタリー。記憶をたぐり寄せて検索してタイトル発見。記憶力の無さでは大内さんに負ける気がしません。彼女の写真集「Africa」当時、欲しかったけど、たしか20万円。映画館でしか見れなかった。私が想う、美しい、ということに最も近しく感じます。

映画はあまり知らないし、観ても、忘れてるので語れません(笑)

DVDでだけれども、ゴダールの映画はよく観ました。もちろんタイトルやストーリーは脳みそが全消去しています!

posted by:チネイザン4期のボブ at 2011.04.1508:41

なにか記憶力の悪い人だけ集めたグループでも作りましょうか?

僕もゴダールが好きです。レニって、オリンピックの記録映画を作った人かな?

posted by:masahiro at 2011.04.1513:24

そうです。オリンピックの。ヒトラーの愛人だったとかそうでなかったとか。

まったく、記憶力が悪いことを何かに有効利用できないかなあと。大内さん、研究会代表でお願いします(笑)
ゴダール、私も好きなのでうれしいです。いつか、大内さん撮ったものが観たいです。

posted by:チネイザン4期のボブ at 2011.04.1514:20

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES