2011.08.04

マックブック・エアとシムフリーの i Phone4.

新しいマックブックエアーがついに出た。2年半くらい前に、ウインドウズからマックにコンバート(改宗)してから、コンピョータ恐怖症だった僕が、マックファンになってしまった。マックには、そういう魅力がある。

最初に購入したマックブックプロ15インチ。そして、i Podは勿論、i Pad, i Phoneまで次々買ってしまった。いろいろ問題点はあるけれど、それもなんか許せるような所があるのが不思議だ。この間入手したシムフリーのi Phone でも相当苦労している。

持ち歩くことが多いので、どうしてもAirが欲しいと、杉本さんと話していた。でも、新しいのが出るまで待とうという事に成っていた。だから発表すぐにアップルストアに連絡。

新しいOS  のライオンも入っている。流石にプロよりもかなり軽い。でも、いろいろ問題点も多い。

僕が感じる最も大きな問題点は、日本のアップルのサービスの質の問題だ。NYのアップルストアは、とにかくサービスが良い。そして働いている人たちがとにかく楽しそうに、プライドを持っている。友人のウインドウズファンで、DOSファンでも、元気が無い時には、アップルストアに行くと言っている。とにかく気分よく働いている。5番街のストアは24時間オープンなのに何時に行っても、そう。僕は愛犬を連れて深夜にレッスンを受けに行く事が多いけれど、いつでも気分が良い。

しかし、日本のアップルストアはそうでもない。なにか高飛車な感じ、しかも、実は知識のレベルも雲泥の差。アップルはアメリカ企業だからという言い訳もあるかもしれないけれど、サービスでも、知識レベルでも、日本が負けているのは、僕は、悔しい。

いろんなところで、日本はサービスが良いと思っていることがあるけれど、実はそうでもないと思う事がいっぱいある。日本人は、仕事も熱心とか真面目とか言われていて、そう思い込んでいるようだけれど、そうでもないこともいっぱいある。他のアジアや、ヨーロッパやアメリカと比べても、負けていることがままある。平均的には、日本はまだまだ良いけれど、プロ意識はかなり薄い。

僕は、日本は、まだまだ出来ると思っている。もっともっと人を大切にして、しかも、仕事の意味を考えて、積極的に生きていけると信じている。それが日本の良さになると信じている。

今回、Airの購入でも、シムフリーの件でも、様々な不手際、知識不足などがあった。そして、そのフォローがまた、あんまりプロではなかった。これは単にアップル・ジャパンだけの問題ではない様に思える。

最近、良く思う事が2つある。「一人一人を大切にしたいと思うけれど、実際は、どうしたら良いのだろうか?」もう一つは「積極的に生きるということは、どういう事だろうか?」ということだ。

Post to Twitter

| Posted at 23:07 | 未分類 | この記事のURL | コメント(5)


 

Macを信仰してからもうどれくらいお布施をしたことだろう? 当時1万ドルくらいするレイザープリンターも買った(元はとったけどね。。)ステーブジョブスのポリシーを感じるコンピューターってところが魅力なんだと思いますね。ぼくはiPhone, iPadもってないけどAirは欲しいなと思ってます. 一人一人大切にしたいですね。ヒントわかったら教えて下さい。

posted by:なお at 2011.08.0501:23

一人ひとりを大切にすること、積極的に生きること、ってじつは日本では一番難しい気がします。

世界(アジアや欧米、アフリカ、中東、その他どこのエリアでも)、一人一人のエネルギーは活性化されていて、その人!!と言う感じがするのに、日本ではそう感じることが少ない。

個人のエリアにもどんどん侵食されてきて、あなたはそれほどのものじゃないんだよ、とか、少しは我慢しなさい、わがままだ! みたいな感じがサービス業はじめ学校やあらゆる社会生活に蔓延している気がする。 そして、そういう雰囲気に包まれていると少しずつ自分が壊死していくような感覚がする。

世界に出た時に感じる、ああ、私はこんなこともあんなことにも対応できる、無理しなくても自分の中にはいろんなものがあるんだな、それで、みんなの中にも色んなものがあって、お互いなんてpreciousなんだ、お互いを楽しんで、慈しみあおう! そんな風になればいいのに、といつも思う。

でも、どうやら日本はそうなっていくらしい、と最近いろんな占星術家や神秘家が発信しているのを見聞きします。 そうなったら、いいな!

posted by:panda at 2011.08.0516:47

ビンゴ!学童保育施設でも悲惨な状況で、ポリシーないと事件が起きたとき対処が杜撰です。子供の心は砂漠地帯、大人の心は化石のようです。日本語が通じないんです…真剣に怒り、諭す大人が少なくなりました。

posted by:茄子 at 2011.08.0611:28

先ほど、久しぶりにTV番組をしっかり見た。原爆、隠れた事実というような名前のNHKのドキュメンタリー。
実は、原爆を運んだB29のことが事前に軍部はわかっていたけれど、それに対応せずに面目だけで進めてしまったという新しい事実。
もし、少なくても警告だけでもでていたら、多くの市民が助かっていた。

現在の日本の政府の状況とあんまり変わっていないのかもしれないなあ。それは、僕たち一人一人の責任だなあ。
僕もTaoZenでも、リダーとしてやるべきことに対応しきれていない事もあるので、反省しています。

積極的に生きる!ということが、ここでも浮かび上がるなあ。

posted by:masahiro at 2011.08.0622:32

一人一人を大切にすること、誰かをたいせつにすることとはつまり、「自分をたいせつにすること」であるとおもいます。そのことにほんとうにみっちり取り組むとき、「自分だけ」ってことにはならない。他人は鏡だから。
積極的に生きるとは、「生きるとは何ぞや」と考えるヒマもないくらい、思いついたアイディアを片っ端から生きてあげることだと思います。(身体を無視して突っ走るという意味ではありませんww)
以上、個人的見解でした♪

posted by:ビビ at 2011.08.0700:18

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES