2014.08.14

Good Bye Mork & Mindy。ロビン・ウイリアムの死。

僕がニューヨークに住み始めた頃、いくつかのTVショウを見るのが、大好きだった。

それは英語の勉強にも、アメリカの文化を知るための勉強にもなった。

なかでも、「Jeopardy 」と「Mork & Mindy」と「M*A*S*H」は僕のfavotites(お気に入り)だった。

アメリカの美味しいアイスクリームを食べながら、TVにかじりついて見ていた。(その頃は、まだ日本には今のように美味しいアイスは無かった。)

Jeopardyは、クイズグランプリという日本の番組のもとになったもので、英語の勉強にも社会勉強にもなった。

Mork & Mindy は、ロビン・ウイリアムスがオークという星から来た異星人(Alien)を演じるコメディ。Mindy とは部屋をシャアしていて、ガールフレンドになっていくのだけれど、アメリカ社会の様々なことを異星人が体験していくというエピソードだ。

ロビン・ウイリアムスの話す英語は、とにかく早くって、そのジョークも早くって、理解するのが大変だった。でもそのスピード感も、僕は大好きだった。

僕もAlien (異国人)だったので、Morkが疑問に思っているアメリカについて、僕も同様なことが沢山あったことも確かだった。

images

 

このTVショウで人気を得て、ロビン・ウイリアムスは映画でも大変な活躍をするようになる。

“Good Morning Vietnam” “Good Will Hunting” “Dead Poet Society”  などは僕の大好きな映画だ。

グッドモーニング・ベトナムで流れているサッチモの歌うWhat a Wonderful World  と戦争のシーンの組み合わせが、鮮明に脳裏に残ってる。

その曲を、TaoZenのワークショップでも、しばしば流している。僕の大好きな歌の1つだ。

映画Good Morning Vietnam で流れたWhat a Wonderful Worldは忘れられない。

映画Good Morning Vietnam で流れたWhat a Wonderful Worldは忘れられない。

 

ニューヨーク大学の映画学科で、ロビン・ウイリアムスが話すクラスに参加する機会があった。

その時には彼は、もうすでに数々の賞をもらう有名俳優だった。とにかく話しが早くって上手で、ウイットに富んでいて、素晴らしかったのを覚えている。

どんな人にも同じように立ち回る様子が、素敵だった。

そんな彼が、重度な鬱とアルコール依存だったそうだ。そして今月11日に自殺。

表面の痛快なパーソナリティや、社会的な素晴らしい成功とは裏腹に、内側には大変な痛みを抱えていたに違いない。

心の痛みと断ち切るために、自分の命まで断ち切ったのだろうか?

複雑な想いが走る。

合掌。

Good Bye Mork ! 君は僕に勇気と笑いを与えてくれた。

いつまでも、どこか異星人だったねえ。会えて良かった。

 

Post to Twitter

| Posted at 21:59 | 未分類 | この記事のURL | コメント(2)


 

誰のせいにもしたくない
誰にもわかってもらえない

それが、自殺の原因だと思う。
本当に思う。

自分をごまかさない、自分に嘘をつかない生き方と、このふたつは
同じ…とても同じに近いと思う。

「それでも、生きていくんだ」って
思うには、どうすればいいんでしょうね。

これは自分自身への問いかけですが、
大内さんはどう思いますか?

posted by:夏目 at 2014.08.1819:50

難しい問題です。

基本的には、どんなになっても”生き抜く’というのが僕は生きるということだと思っています。

そして出来るだけ本来の自分を、時代と場所に限られながらも、自由に生きるというのが、テーマだと信じています。

そして自分というのは、個人だけではなく、もっと総合的な存在だと思っています。

この思うとか考えるとか信じるという言う言葉が実は、とても曖昧で、思うとか考えるとかではなく、もっと実際にある!という感じのものですが。

上手く表現はできないけれど、そんな風に思っています。

自殺という行為は、あるとは思いますが、それはかなりの病のなせる技ではないかと。
勿体ないチョイスです。
できるならば、したくない、してほしくないチョイスです。

posted by:masahiro at 2014.08.1822:59

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES