2011.08.16

Fukushima。福島市。南相馬市。飯館村。(その3)

飯館村に行こうと、地図でもっとも近そうな道を選んだつもりでした。

ところが、最初は良かったのですが、その道は、ほとんど車でおこなう登山状態。ぐねぐねした細い山道、しかも舗装も途中からなくなってしまって、クロスカントリー・レースみたいな状態。他の車も見ないし、これで雨でも降ってきたら、大変なことになりそうという感じでした。でも、携帯の電波は健全なので、これは安心。

本当に山も緑も深い。空気がとても美味しい。なのに、ガイガーカウンターは5.39。この辺のキノコとかも駄目ということかなあ。高度が上がると放射線は大丈夫というようなことも、結構怪しいのかもしれません。

ようやく、飯館村に着きました。そしたら、今来た道には入らないようにと言う表示がありました。でも、僕らが来た方向からは、なにも表示がなかったのになあ。でも、普通にローカルの車一台、その道に入って行きました。これは放射線とは関係ない立ち入り制限だと思うのですが。

飯館村は、裕福そうな村。どの家も大きな構えと大きな農地。でも、今は人っけはほとんどありません。自販機も動いていません。ビニールハウスのビニールは取られていて、ぼうぼうと草が生えています。時々、まだ住んでいる気配の農家を見たり、ローカルの車にすれ違います。のどかで、平和な農村のシーンなのに、どこかが違う!ヒッチコックの映画の一シーンのような感じを受けました。

ここも空気がとても美味しい。数値は、5.50 (Raeでは、8.62)。8,62だとしたら、単純計算では年間、74ミリ以上。これは、もういけません。花が綺麗に咲いているのが、心を痛めます。

勿論、空気が良いということと放射線の量とは、関係がないのは、分かってはいます。それでもやはり身体が頷けないものがあります。ここでマスクをする気持ちには、なかなかなりません。石巻の匂いは、身体に緊迫感を走らせました。でも、この辺りの空気の良さと平和な景色には、いたたまれない不思議な想いと深い恐怖が走ります。

福島駅で、帰りの新幹線を待つ間に、ホームで愉快な駅員さんといろいろな話をする機械がありました。

「我々のような年齢ならば、ここに居続けてもいいけれどねえ。子供たちや若い人たちには、できたらすぐにでも出て行って欲しいよねえ。国の判断なんて待ってないでねえ。」

大きな声と笑顔が素敵な駅員さん。その笑顔が却って、僕の心を痛めます。

この国は、そして僕たちは、多くの人たちが癌になっていったり、多くの子供たちが苦しんでいくのを、仕方がないということで片付けて行くのでしょうか?いつの時代でもどんな社会でも、犠牲者は沢山でます。でも、今回もそれですましていいのでしょうか?

なんにもないようにして平常にして暮らしていって良いのでしょうか。でも、じゃあなにをすることが出来るのでしょうか?

その夜は、東京に戻って、瞑想のクラスでした。でも、この話をする気持ちにはなれませんでした。どう言葉にするべきかが見つかりませんでした。こういう時に、皆と瞑想をすることは、とても有意義でした。

今回の震災や、原発のことをきっかけに、もっともっと良い社会に向って行きたいと、個人的にももっと積極的に生きていきたいと、願っている人が多いはずです。僕もその一人です。

一人一人が、それぞれのレベルで、本来の自分を見失いようにしながら、考えたり、感じたり、行動したり、表現したり、そういうことを諦めずに続けていこうとするしか出来ません。そして、それがパワーになるんだと信じています。

飯館村に咲いていた野花。

Post to Twitter

| Posted at 09:50 | 未分類 | この記事のURL | コメント(5)


 

桃源郷の世界を一瞬にして壊してしまった事に、私たちは何とお詫びしたらよいのでしょうか……

posted by:キャベツ at 2011.08.1615:33

大内さん、レポートありがとうございました。本当にもの凄い線量ですね。
きれいな空気と感じるのに、線量が住めないほど高いというのは、本当に哀しい…言葉がでてきません。
若い人や子供だけじゃなくて、本当はお年寄りだっていて一緒に避難して欲しいと思う…だって、若い人たちがみんないなくなったら、とても寂しい老後になってしまうでしょう。
でも、それでも愛して来た場所が一番いいのだというのもよく分かります。
残っている人たちの笑顔が胸に突き刺さりますね。
私は今は現地に行ったりできませんが、いつも色々考えたりします。ひとりひとりが、何が出来るのか…それを考えながら、出来る事を精一杯やっていきたいと思っています。
ありがとうございます。

posted by:Ryoco at 2011.08.1710:31

こちらこそ有り難うございます。Ryocoちゃんがボランティアにいち早く行ってくれたことや、別の友人が行った事などが、きっかけで僕も実際に行動にしようと思ったのです。
人それぞれの方法があると思います。どんな方法でも、祈るだけでも、なんでも良いのだと思います。ただ、自分たちが被害者でもあるけれど、加害者でもあるというを忘れないようにしないといけないと思います。

最近、日本の終戦や、原爆のことなどを考える機会がありました。いろんな体制の癖や、国民の癖などが、実はあんまり変わっていないということにもビックリしています。

posted by:masahiro at 2011.08.1917:47

私も被災地にボランティアに参りました。たぶん、この国はもう半分以上壊れています。震災以前から。ようやく気づきました。

復興支援なのではなくて、国づくりなんだと思います。

posted by:ひろひこ@(^-^)ノ at 2011.08.1719:34

タオゼンの皆が、それぞれボランティアをしたり、考えたり、祈ったりしてくれているのが、本当に嬉しいと思っています。
瞑想や呼吸法、気功や、チネイザンが、個人の内部だけではなく、社会参加にも影響していたいというのが、僕の願いの一つです。

ひろひろのボランティア体験のブログ、読ませて頂きました。

posted by:masahiro at 2011.08.1917:52

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES