2011.09.26

東京ビッグサイトの騒々しい展示場会場でも、瞑想ができました。

今週末はとても忙しい週末でした。金曜日は、横浜パシフィコで行われたヨガフェスタでワークショップ。毎年参加させて頂いていますが、沢山のヨガファンが集まるので楽しみにしているイベントです。今年は、「太極拳のエッセンス」というワークショップでした。会場いっぱいに集まって頂いたヨガファンに太極拳を体験して頂きました。

土曜日はチネイザンの5期生の最終実地試験。実際に1時間の施術を、既にプラクティショナーになっている人に行ってもらいます。

日曜日には、一人一人に僕が試験のフィードバックやら、これから何を注意して進めてら良いかなどを率直にお話しさせて頂きました。その後に、修了式。流石に皆で腹をさわって、触られて来た仲間です。最後と思うとシュンとしてしまいます。

5時くらいからパーティ。スタジオでいっぱい食べて、飲んで、踊って。なんと皆が酔っぱらって踊り狂っていた時は、まだ6時半。なんと愉快な仲間かと実感。

そして今日、月曜日はダイエット&ビューティのショウに、講師として参加。「瞑想と呼吸法」「チネイザンの紹介」という2つのワークショップを行わせて頂きました。東京ビッグサイトの大きな会場で人が沢山いる騒々しいほんとうに落ち着かないオープン会場で行いました。

最初は、僕でも、ここでどこまで出来るかなあっと心配でした。でも、5分もすると皆、落ち着いて来て、短い瞑想を3度ほど行ったのですが、結構良い感じの瞑想ができました。

参加された方たちも、「こんなところでも出来るんだから、静かな所なら、もっと瞑想ができると思いませんか?」というととても納得してくれました。

短い瞑想でも、呼吸法でも、どんな状況ででも出来る方法があるなあっと、さらに実感しました。決して禅寺や、静かで自然の豊かなところや、ヒーリング・スポットにいかなくても出来るんだということを再確認させられました。それが、とても嬉しかった。

自分で実生活でできる簡単な瞑想方法と呼吸法を、皆にお土産で持ち帰ってもらえたと思っています。この会場でしかも近くを歩くひともいる所ででも出来たんだから、自宅ならもっときちんとできるはずです。

引き続き、瞑想に関してのどんなコメントでも質問でも大歓迎です。

Post to Twitter

| Posted at 23:20 | 未分類 | この記事のURL | コメント(7)


 

参加された方たちも納得された「こんなところでも出来るんだから、静かな所なら、もっと瞑想ができると思いませんか?」という言葉にも
大内さん、タオゼンの魅力が出ていて、安心しました。
大きなものを小さくまとめて。小さなものを大きく広げて、プラクティスでしている動きが、言葉にも活躍にも感じられました。
日々の生活に、生き方に、瞑想が織り込まれていて、彩りをましたキャンパスです☆

posted by:たっきー at 2011.09.2700:53

有り難うございます。
僕のコメントの最後は、「ここで出来るんだから、自宅なら勿論できる、もっと静かな山の中とか禅寺なら、もっと出来ると思うでしょう。でも、実は逆だったりします。環境が良いとかえって出来なかったりもします。だから、やってみないといろんな気づきがないというわけでしょうか。」ということで終わらせていただいたと思っています。

同じような騒がし場所でのチネイザンのデモや、セルフチネイザンも、なかなか味わいのあるものでした。いろんな状況で、行うというのも勉強になります。

posted by:masahiro at 2011.09.2709:16

あはは。
先生にいうのも失礼ですが、パーフェクトな答えですね☆
静かなお寺が実は難しいと感じることもあるし、スーと入ることもあるし、御手洗いが落ち着いた空間だったり、電車の中でも気持ちよく寝てしまうこともあるし、高架下の赤ちょうちんが良かったりもします!?
その時、その場で、その時の気持ちで、
一つとして同じことがない事も瞑想の楽しみですよね。

普段の生活をしているなかに、実は瞑想になっていることもあり、それに気づけて、しかも大内さんのいつもいいっている気持ちを込めてできれば、それは自然体で瞑想を体験できて、
それが出来るようになるためにも、ちょっと座ってみる、目を閉じてみるって瞬間が積み重なって、瞑想につながると思いました。
大内さんのやろうとしていることは、とっても気づきに満ちていますから☆

posted by:たっきー at 2011.09.2909:06

ミッドタウンで先日会ったチネイザン同窓生にちらっと聞いたのですが、「癌の瞑想」などありますか?
ボクもいわれてなんとなく大内さんの話しにでていたような気がして。。。

posted by:たっきー at 2011.10.0219:09

癌の瞑想は、特に癌の瞑想というのは僕はしりません。
癌の対応のために作られた気功ならば、二種類習いました。でも、特に癌だけの為ということでは、本来は無いのだろうと思います。

でも、癌の4期から回復した生徒や、エイズから全快した生徒も二人います。他にももっと簡単な癌の場合の例は結構あります。
特に癌のなんとかをしたわけでなく、願いの瞑想や、その他の瞑想、ヒーリング・サウンズなどの組み合わせです。
49日行は、じつは、この癌が大分進んでいて、お医者さんももう駄目だと言われた人の為に始めたものでした。その方はきっと自分ではやらないだろうと感じたので、僕も一緒に毎日やります。それがアッというまに、僕の生徒を中心に広まって、49人に数日でなったのです。
きっと、その話を僕がしたのではないでしょうか?僕の話は、はしょっちゃうので、きっと旨く伝わらなかったのでは?

posted by:masahiro at 2011.10.0222:49

ありがとうございます。
この話、はじめて聞いたかもしれません。
49日行のはじまりも☆

すごく参考になりました。

ヨーロッパでのワークショップのお話楽しみにしています♪

posted by:たっきー at 2011.10.0421:54

じゃあ、こんど詳しくお話しますね。

僕は、なんかいつも同じことを話しているような気がするんですよ。特に自分のことに関しては。

posted by:masahiro at 2011.10.0422:47

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES