2011.12.03

ウィーンのブティックホテル。古いなかに煌めく新しさ。

ソフィアからフィレンツェに移動する間に、ウィーンで一泊。(格安チケットなので直接には移動できませんでした。)

ここでも歴史と斬新な新しさの見事な融合を感じるホテルに泊まりました。今回の旅は、ほとんどが友人の家とか、ペンションのような所に泊まったので、フィレンツェとウィーンのホテルは、ちょっと自分なりに選んでみました。

Altstadt Vienna というこのホテルも適度な値段の素敵なブティックホテルでした。タクシーの運転手も見逃すような一見、普通の古いアパートのような玄関口。ドアマンもいません。ここかなあとちょっと心配しながら、古くて思いドアを開けると、急にカラーフルな世界が広がります。

階段もカラーフル

特別ロビーもなく、小さな受付。ラウンジは、いつでもコーヒーやお茶が自由に楽しめる。これまた重いドアを開けると大胆なインテリアの部屋。イタリアのデザイナーのMatteo Thunがデザインをしたという部屋を選んだ。(マテオはメンフィスデザインの一員で、僕はメンフィスのポップなところとユーモラスなところが好き。)

天井の高いけれど窓が小さな部屋をとてもドラマティックにデザインしています。壁も床も濃い目の色、そこにシャンデリアという、なんか不思議な、どこかウィーン的、そしてなにか怪しいというかエロティックな感じが良い。

ラウンジは、ポップで明るい感じにまとまっています。窓からウィーンの古い街並が見えるのも嬉しい。

古さをベースにした斬新な新しさというのは、ただ新しくって珍しいというのとは違って味があります。

TaoZenも、もっともっと伝統の勉強も修行もしながら、でも、大胆に新しいこともトライしていきたいと思っています。

Post to Twitter

| Posted at 00:01 | 未分類 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES