2013.10.28

サハラ砂漠をひたすら歩く。これがなかなか味わい深くなってくる。

朝日と夕陽は、殆ど同じ。こっちが朝日。

朝日と夕陽は、殆ど同じ。こっちが朝日。

 

夕陽。その後に急に寒くなってくる。

夕陽。その後に急に寒くなってくる。夜は、駱駝はほぼ放し飼い。

僕らの砂漠に日課は、

朝、陽が昇るのと一緒に眼をさまして、太極拳と瞑想をするところから始まる。

それから朝食。手作りのパンとコーヒーとチーズを少し。

IMG_0382

テントを片付けて、駱駝に荷物を積んで、歩き始めるのが9時まえ。

途中一回くらい休憩があるけれど、ただひたすら歩く。

ガイドのリーダーのアリの行くまま、着いて行く。

IMG_0634

ランチは1時くらい。大抵はちょっと草みたいな木みたいな植物のあることろで休む。

上手にマットで日陰を作ってくれて、そこで僕らは昼寝をする。

ランチは持って来た野菜と穀類。

最初の数日はトマトやレタス、ピーマンなどを細かく切ったサラダ。その後はポテトや人参などを中心にしたもの。

ミントティーで締めくくって、今度は彼らが昼寝。

僕らも、また昼寝。

3時前には出発。6時くらいまで歩く。

あんまり話もせずに、ひたすら歩くのだけれど、これが慣れてくると味わいが深い。

 

夕方、陽が落ちる前に、テントを張って、瞑想したりしているとディナーが出来ている。

アリ達は、集めた木で上手に火をつくって、クスクスやパスタの夕飯。

食事の後には、現地の3人が数曲歌を歌ってくれる。

とまた眠くなってくる。

IMG_0335

現地のベドィン人の3人は火の側で毛布だけで寝る。

彼らも、砂漠にいるのが一番楽しいと言う。

でもなかなかこういう仕事がないので、普段は街でそれぞれ仕事をみつけているそうだ。

ドウズでは、数時間の駱駝に乗るような観光客はいるけれど、僕らのように長く砂漠をあるく人は限られているそうだ。

 

僕らはちょっと離れたところにそれぞれテントを張る。

結露ができることがあるので、荷物をプラスチックにくるむ。

 

これが僕のテント。 駱駝が近くにいてくれると安心する。

これが僕のテント。
駱駝が近くにいてくれると安心する。

とにかく星が凄い。365度空だ。

眼鏡がないとよく見えないので、僕は眼鏡をかけて寝る。

最初はシルクのインナーだけで寝るのだけれど、段々寒くなるので寝袋の中に入ったり、朝型は、寒くなるので、寝袋の上をゴアテックスでできた寝袋のアウターに包んで寝ないといけない。

なんども目をさましたりすし、寝返りも自由にはできない。

夜トイレにいったりするときなどはサソリに気をつけないといけない。

万が一の為に、けっして素足では歩けない。

 

これの何が楽しいかと言われると不思議だけれど、本当に楽しかった。

こういう旅をフランス語では Mehareeというらしい。

IMG_0825

 

Post to Twitter

| Posted at 03:45 | 未分類 | この記事のURL | コメント(1)


 

とってもとっても羨まし!ぼくも砂漠を駱駝と共に歩いてみたいです。 満天の星を砂漠を背に眺めてみたいなー

posted by:Nao at 2013.10.2810:57

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES