2010.05.03

愛といってもいろいろある。chrishing loveでありたい。(日々是瞑想のひとり言#5)

さっき、深夜の瞑想を終えた。(今、2時)

12時までには寝て、早く起きましょうと言っているのに、僕はなかなか時間にケチなようでいつも遅くまで起きていて、それで朝も早ク起きてしまう。これは直さないとなあ。

とにかく日々のひとり言#5

愛といってもいろいろある。エリッヒ・フロムの The Art of Loveという本が僕の高校からの影響のある本の一つだ。

とにかくCherishing Loveと呼ぶようなものでありたい。いつでもそうであるかどうかを自己確認する必要がある。

すべてのことを大切に深く感じるような、そして応援するような愛だ。愛で育つこともある、駄目になることもある。

愛があるかどうかを、問うよりも、どんなトーンの愛なのかを自分に問いたい。

Post to Twitter

| Posted at 14:42 | 未分類 | この記事のURL | コメント(3)


 

雅弘さん、
ひとりごと いいですね。

cherishing loveでありたい、
私もそう思っています。

posted by:Tomoko at 2010.05.0511:32

そうなんです。そうありたいと思ったり、祈ったりするくらしか出来ないんだなあって思うんです。
あんまり頑張ってcherishing loveとかunconditional loveを実行しようとするとどうも、僕にはまだ、無理がある。
かって愛するけど、それが多少はcherishing であってほしいなあって。
仮に相当自分勝手でも、あるいは、失敗したなあって反省していても、なんとかそうならないかなあって、
願っているのが現実です。

posted by:masahiro at 2010.05.0512:29

エリッヒ・フロムの The Art of Loveという本が僕の高校からの影響のある本の一つだ。

最初に読んだ日本語版はなんという題名でしたか。

「自由からの逃走」でしょうか。

posted by:ヤンバル at 2010.05.0703:02

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES