2007.02.23

瞑想について (3)

瞑想のテクニックを、いくつか紹介したいと思うのですが。文章で説明するというのは、とても難しいですねえ。

とにかく、姿勢を整えて、呼吸を整えて(呼吸法も沢山の方法がありますが)、次に進みましょう。

次には、コンセントレーションが始まります。なににどう集中するのかによってメソッドがいろいろあります。

最初は、丹田に気持ちを集中する方法をお勧めします。
丹田って、なんか古臭い用語ですけど、臍下三寸(もっと古臭い?)、インドでは、スワディスターナ・チャクラのあたりです。ここを内なる眼で見る、内なる耳で聞く、丹田が呼吸しているような感じで見守るという感じです。

最初は、??かもしれませんが、そのうちに丹田のあたりが暖かくなってくる感じとか、動き出す感じとか、なにか感じ始めます。
それで、なんだかんだとは、思わずにそのまま、丹田に心を保ったまま、瞑想し続けます。
そうして、数分すると、なんかちょっと夢のような、身体の感覚もちょっと違った感じになるかもしれません。
あるいは、いろんな雑念が次から次に現れては消えるかもしれません。あるいは、身体が痛くなったり、窮屈になったりするかもしれません。
それでも、そのまま、瞑想を続けてください。

一度、瞑想の味みたいなものを味わうと、なんであるかが、だんだん分かってきます。体験してみないとわかりません。体験してみると、味わいがだんだんと深くなっていきます。
そうやってから、しばらくしてから、最後に呼吸に意識をもどしながら、瞑想を終わりにします。終わり方が、とても大切です。

また、別の機会に詳しく説明したいと思いますが、とにかくゆっくりを瞼を開けてください。
それから、身体をゆっくり動かします。
TaoZenでは、いくつかの決まった終わり方の動きがあります。

なんでも、質問があったら、ここででも、MIXIででも、いいですから、どんどん質問してください。

瞑想というのは、リラックスすることでもないし、超能力を養うためのものでもないし、自分をあるがままにみるだけでもないし、もっともっと超えたことろに意味があると思っています。

とにかく、楽しみながら、続けてください。
毎日、数分でもいいですから。

僕はよく言ってますが、毎日歯を磨くように、顔を洗うように、瞑想を日々の生活に取り入れていって欲しいと願っています。

Post to Twitter

| Posted at 13:02 | 瞑想 | この記事のURL | コメント(3)


 

丹田についての質問です。
臍下三寸の三寸って何cmぐらいなのでしょうか?
仙骨の近くのあたりとか、という感じなのでしょうか?
ヒーリングタオのワークショップのときでは、臍の裏側という表現があったのですが、Taozenのときは、それよりもやや低めの場所に気持ちを集中する、ということになるのでしょうか?

posted by:高橋 at 2007.02.2401:08

今まで順調に49日行を続けて
きましたがここにきて花粉症を
発症!
水鼻をたらしながら
モーニングプラクティスを続けてます。
気功で治そう!とも思うのですが
そういえば昔の太極拳の師匠も
ひどい花粉症だったなーと思い出しました。前途暗し。。

posted by:たお仙人 at 2007.02.2413:29

高橋さん>
質問有難うございます。
そうですよね。この件は、少し詳しくブログに書きますね。
たお仙人さん>
日本はもう花粉症の季節ですか?
NYは、まだ今週は雪になるかもしれないといわれているくらいです。
気功とか、太極拳、瞑想で直そうとすると治らないものですよね。でも、効いてはいるはずです。僕は、もともと喘息持ちですが、瞑想をしてないと、もっと大変です。
花粉が、付着しないような都会だから、不自然な形なんでしょうね。
なんか対策がないか、瞑想してみます。
でも、あきらめずに進めることに意味があります。この件、steadfast(不動)ということも、詳しく書きたいですねえ。
コメント有難うございます。

posted by:masahiro at 2007.02.2414:01

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES