2007.07.07

七夕は、空中です。日本行き。

7日の朝(NY時間)に東京に向けて飛び立ちます。
七夕は、雲の上ということになります。
織姫様と会えるのでしょうか?
でも、なんで七夕って書いてタナバタって読めるんだろう?

今回は、ワークショップ以外にも、J waveや、雑誌の取材も、今屋さんがアレンジしてくれています。2週間しかいないので、大変に忙しくなりそうです。

ワークショップをアレンジ、プロヂュースするというのは大変な仕事です。
僕も、マスターチア、やマスターリーなどのワークショップもオーガナイズしたので良く分かります。なかなか早めに予約を入れてくれない人が多くって心配です。

今回は、14&15が太極拳、14日の夜がフュージョン瞑想、18日が英語、19日がリブロカフェ20日が瞑想エクササイズ21&22がベーシックウイークエンドです。
太極拳がようやく型だけではなく、もっと深く練習できるのではないかと期待しています。
20日は、密かに100人での瞑想をしたいという僕の願いを、今屋さんが一生懸命に実現させたいと、走りまわってくれています。
ぜひぜひ、お友達も誘って参加して協力をお願いいたします。

タオゼン饅頭も作ってみました。お楽しみに。

なにかワークショップに関して、質問などありましたら、事務局でも、この場を利用していただきても、結構ですので、気軽に連絡してください。

また時差に悩まされると思うとウンザリですが、皆さんと会えると思うと、楽しみです。

タオゼンを通して、サンガ(コミュニティ)を作りたいというのも僕の願いです。

とにかく気軽にいらしてください。

Post to Twitter

| Posted at 13:32 | TaoZenワークショップ | この記事のURL | コメント(5)


 

今頃はもう着いているのでしょうか?日本は涼しいですよ。
私は12日に帰るのですれ違っちゃいそうですね。ワークショップ残念ですが、香港からコールインします!

posted by:Jinko at 2007.07.0811:56

日本にいらっしゃるのですね。
今はもっぱらDVDで楽しませていただいておりますが、いつか鹿児島でも大内さんのワークショップを主催するのが今の私の夢なんですよ!
私の夢は今、片っ端から叶って(しかも加速しながら!)おりますので、きっと実現することになると思います♪
その日を楽しみに、楽しみに…しております(^^)

posted by:Naomi@赤い磁気の月 at 2007.07.0822:23

ロマンチックなフライトですね。
高度1000m以上かな?もっとかな?
窓から見たらMilkywayが手にとどきそうなんでしょうね。
おり姫様に逢えましたか?

posted by:雫 at 2007.07.1612:53

残念ながら、織姫さまには会えませんでした。眠ってしまったようです。
あるいは、実は会ってたけど、気がつかなかったかな。
織姫さまっていうのは、なにか織っているんでしょうか?

posted by:masahiro at 2007.07.1623:26

はい 織姫は機織をしていました。
 七夕の星祭りの、天界に繰り広げられる物語は、中国に古くから伝わっている伝説です。
 むかし、天の帝に織女(しょくじょ)という一人の美しい娘がおりました。技芸にすぐれ、毎日、機(はた)を織って暮らしていました。
 そのうち、農耕に一生懸命な牽牛(けんぎゅう)と結婚し、二人は夫婦になりました。ところが、それからというもの織女は、あれほど熱心だった機織りをやめてしまったのです。父の天帝は怒って牽牛を織女から引き離し、銀河のかなたに追放してしまいました。しかし、悲しみにくれる織女を見かねた帝は、年に一度、七月七日だけ逢うことをゆるしたのです。
 以来、牽牛は七月七日が来ると、銀河を渡って織女に逢いに来ました。その日が雨のため、水が増して銀河を渡れないと、鵲(かささぎ)が群れ集まって翼を広げ、橋となって渡してくれました。織女は琴座の「ベガ」、牽牛は鷲座の「アルタイル」という星で、この二つの星が、年に一度、七月七日の夜に近づくところから、この伝説が生まれました。
結婚して機織りをやめてしまったみたいですが、専業主婦になったのだからいいのではないか? と思うのは私だけでしょうか{笑い}
詳しくは
http://www.kk-kikuchi.com/tanabata-roman/tanabata-roman.htm

posted by:雫 at 2007.07.1708:40

コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES