2007.08.30

sun & moon 太陽と月の瞑想。皆既月食

夏は普段のクラスは休みですが、今日は特別に3時間のヒーリングラブのクラスをしました。
いつものStill Life Zendoという禅堂でやりました。

丁度、前の日が皆既月食。ヒーリングラブのなかの?太陽と月の融合’をしました。
これは、東京でもこの10月8日に教える予定になっています。
月の瞑想、太陽の瞑想をして、それからその融合を身体の中で行います。
これは、ヒーリングラブの中でも、高度なメソッドですが、とても詩的で楽しい瞑想です。自分の中の陰(女性)と陽(男性)を見つけ出し、それを融合するというようなものです。

月は、その昔、太陰とも呼ばれ、太陽と常に対に考えられてきました。
なにも考えずに、太陽と太陰とをみると、不思議。大体同じ大きさに見えます。
本来は、その直径の大きさだけみても400倍も違うのに、なぜか地球からみると同じ大きさ。それは、やく400倍ほど距離があるからです。
このバランスが異なっていると、僕らはここにいなかったのでしょうから、偶然とは言えない感じがします。
この微妙なバランスが、皆既月食や、皆既日食を起こします。

月の瞑想や、太陽の瞑想を、実際の自然の中で、皆でやると、本当にマジカルなのになあ。ぜひ、来年はリトリートで自然の中で、皆でやりましょう。

とりあえず、この秋は、庭園美術館で、行いましょう。

一度、これをすると、月や太陽との関係、想いが、本当に変わります。

僕の大好きな瞑想の一つです。

男と女の問題、性の問題なども、ホルモンと感情などのことも、いろいろお話が出来ると思います。

このプラクティスなしで、TaoZenのインナービューティーとかインナーパワーは考えられません。アンチエージング(エージングウエルと言いたいのですが)にも欠かせないメソッドです。

Post to Twitter

| Posted at 13:45 | 瞑想 | この記事のURL | コメント(0)


 
この記事へのコメントはまだありません。
コメントを投稿




RECENT ENTRIES

ARCHIVES