キーワード「ヒーリング」を含む投稿一覧


2012.02.27

アジアのブルースブラザーズ? 実はタオの世界的権威と僕。 

タオガーデンの、リトリートは今振り返ってみると、大変にインテンスでした。

その時は、泣いたり笑ったり、でも、とても楽しかった。僕らがタオガーデンを出る時に、何人もの人達が見送ってくれたのですが、皆、なんか二日蔵だった感じがすると言っていました。

たしかに、アッと言う間。朝の7時から、夜の10時まで、ギッシリ一週間一緒にいた感じはしませんでした。

今は、皆、それぞれのペースで、習ったヒーリング・ラブの呼吸と瞑想を49日間行なうプラクティスをしています。

僕も、どんなに忙しくても、疲れていても、朝晩するようにしています。時間がたつと、リトリートでの事がじっくりと自分の中で熟成してきているのが実感。

やはり、時々、集中的に行なうことは必要だなあと感じています。来年も行ないます。次回は、早めにプログラムも決定、発表します。来年は、タオガーデンとトスカーナでリトリートを行いたいと思っています。

この写真は、マンタック・チア老師が僕らのワークショップに顔を出してくれた時のもの。彼は、一回くらいは顔を出すと言っていたのですが、ほとんど毎日来てくれました。彼は、ダークルームという真っ暗な中で一週間も二週間も入って瞑想をするリトリートを行なっていて、外にでてくるのは午後の時間と夜だけ。僕らのリトリートの予定では、3時くらいには、皆で昼寝!と思っていたのですが、その時間にチア先生がやってくるので、昼寝は一度しかできませんでした。嬉しい悩み。

ということで、彼は真っ暗な部屋から出てくるので、サングラスをしないと眩しすぎるわけです。マンタック・チアを始めて見る人はビックリ。タオの世界的権威がアジアのギャングみたい。僕は、こうなるとついつい悪戯っ気がでてしまう。おつきあいしてサングラス。皆、大笑い。

世界的なタオの権威も、僕にかかってしまっては、こんな感じ。

僕が彼に逢ったのは1980年、ニューヨークのチャイナタウンでした。それから、いろいろお互いにあったけど、これからもお世話になっていくんだろうと思います。

今年から、タオガーデンのブランディングや、サービスの向上のコンサルタントとしても、暫くお手伝いすることになりました。サービスなどがもうすこしアップすると、このタオガーデンは間違いなく、世界でも有数なヘルス&スパ・リゾートとしての立場が確保されまるようになると思います。

Post to Twitter


 
| Posted at 20:27 | この記事のURL | コメント(0)
 
コメント(0)

2012.02.17

言葉や、文化の壁は、簡単に乗り越えられる実例。タオガーデンでのリトリート。

久しぶりです。

ティータイム。瞑想ホールの横で。

タオガーデンでのリトリートの途中報告をしたかったのですが、朝7時から、夜10時まで、びっちり僕が一人で教えるということは、結構なことでした。総勢37名、うち日本人が17名、その他は、フランス、スイス、ドイツ、ベルギーなどのヨーロッパ人や、アメリカ人など。

年齢も結局8歳から84歳まで。なかには、パーキンソン病の人や、英語がほとんどできない人もいました。

言葉の壁や、文化の壁は、簡単に乗り越えられるという実例でした!!

この人たちが、自由で安全な空間と時間を作り上げて、キープするのが僕の一番の仕事です。

もちろん、インナー風水太極拳や、ヒーリング・ラブを教えることも僕の勤めですが、僕はワークショップをする時には、皆が個々、自由におおらかでいられる事、そして、お互いが繋がれること、個々の内部への冒険ができること、そういうことをキープするのがファシリテーターとしての勤めだと思っています。

そして、皆がこのことを理解してくれて、それぞれが積極的に参加してくれて、本当に夢のようなひとときでした。一週間が二日くらいに感じられ、それでいて、大変に内容の濃いものになりました。

具体的には、もう書ききれないような一瞬一瞬の流れでした。

大泣きもあり、大笑いもあり、子供のような時もあり、大変な智慧の持ち主のような時も、個人個人にあったと思います。

僕自身にも大きな実りがいっぱいでした。

まず、なによりも、この限られた時間だったけれど世界は大丈夫だという実証ができたことです。

最初の日に、be the change that you wish the world to be という言葉と、Ubuntu、そして、adventure という言葉をキーに進めました。まさに、そのままのマジカル・ツアーでした。

今思うと、まだまだ、いっぱいシェアし忘れたことがいっぱいあります。でも、その時にはセイ一杯だったのだから、それで充分だっと自分に言い聞かせています。

言葉では、表現できない、沢山の素晴らしいことが一杯のリトリートでした。

本当に、皆、有り難う。

Post to Twitter


 
| Posted at 22:39 | この記事のURL | コメント(0)
 
コメント(0)

2012.02.06

タオガーデンでのリトリートが始まりました。 マジカルミステリーツアーの始まり。

タオガーデンでの一週間のリトリートが始まりました。

5日から11日まで、実質は5日間の、皆で行なう自分の中へのマジカル・ミステリーツアーです。

特に今回は、いろんな国からの人と日本からの人が半分半分くらいです。35人くらいの参加者ですが、ちょうど半分くらいが日本からの方たち。中には英語が自由にできる人もいらっしゃいますが、ほとんど分からない方も結構いらっしゃいます。他の参加者は、フランス、ドイツ、ベルギー、アメリカなど、いろんな国からの参加ですが、みんな英語でコミュニケーションができる人達です。

今回のワークショップには、いろんな意味がありますが、皆が言葉を越えてどのくらい交流できて、自分の中の旅も発見もあり、また他の人との交流の中での発見もあるという事ができるかどうかということが、僕にとって大きな課題です。

こういう長い時間のリトリートは、一緒に船に乗って出かけるマジカルツアーだと思っています。皆で漕いで、いろんな島に寄ってみたりしながらの、冒険旅行みたいなイメージです。

今回のテーマは、インナー風水太極拳とヒーリング・ラブですが、それを通じての、自分の中への冒険旅行です。しかも、言葉もいろんな言語があり、年齢もかなりバラバラ(今回は20代から70年代まで)、経験もいろんな人達が混じっての旅です。

今回のリトリートには、UBUNTU という名前をつけようと、先ほどの瞑想の後に思いました。これはアフリカの南部の哲学的な言葉。自分がここにいるのは、皆があってのこと、という考えです。これは人は、たった一人では成り立たないということだと思います。特にヒューマニティの考えではなく、もっと根本的な事実です。人(生命)は、孤立した状態では成り立ちません。

さて、今回の旅は、どうなるか、沢山のチャレンジがあります。

言語のこと、教える内容がとても深くて、しかも沢山あること、10年もプラクティスしてきた人達と、全く始めての人達とが混じっていることなど。

でも、実際の世界は、社会は、いつでも、こういう状態だと思います。この一週間が上手くいかないと、社会が上手くいくはずがないとも思っています。今や、世界は、本当に凄いスピードでグローバル化しています。

タオガーデンのほとんどすべての施設を、僕たちのグループが独占できるという恵まれた環境です。こうして、短い時間でのミステリーツアーが始まりました。

僕は朝7時から夜10時まで、結構びっしり教えているので、どのくらい途中経過を報告できる時間があるかわかりませんが、短くてもなにかレポートしたいと思っています。

Post to Twitter


 
| Posted at 17:09 | この記事のURL | コメント(0)
 
コメント(0)