キーワード「ばなな」を含む投稿一覧


2012.04.11

瞑想の新しい本が5月9日に発売になります。

ゴールデンウィーク開けの5月9日に新しい本が出る予定です。

今回の本には、念いが一杯入っています。それが上手に表されているかは、自信がありませんが、短い時間に精一杯やったと思います。

『1分瞑想』というタイトル案での依頼で、最初はそんなの無理だと思ってお断りまでしようかと考えたのです。嘘のことは書きたくないですからねえ。

でも、実際やってみると一分瞑想というのも、とても意味があることが分かりました。この辺のことはまた、別の機会にゆっくりと。

数日前に、第一回目のゲラが上がってきました。読むと直したい所が山とあってキリが無いのです。

でも、時間切れですし、今の僕の日本語を書く才能の限度というものもありますから、これで良しとしましょう。

昨夜まで、僕はいろいろ書き直したりしていましたが、今頃は編集のかの子さんが汗かいて頑張ってくれているのじゃないかなあと思います。

表紙も出来上がりました。どこよりも早く、ここで表紙だけでも見てください。デザインは、今回は無理を言って、タオゼンのマークを作ってくれたリカちゃんにやって頂きました。有り難う。

とりあえず、どこよりも早く、表紙を披露させて頂きます。

ばななさんには、お父様がお亡くなりになった週だったのにも関わらず、帯に紹介を書いて頂きました。本当に感謝です。ここで改めてお礼を申し上げます。

(電話では、どうもきちんと上手にお礼を言えないので。)

Post to Twitter


 
| Posted at 23:41 | この記事のURL | コメント(3)
 
コメント(3)

2012.01.07

苦労が身につかない素敵な人たち。

昨年末、思いがけない届け物がありました。20年ちかくお世話になっている福岡に住む大屋さんという方から、佐賀の美味しそうなお肉が届きました。

お歳暮という大人っぽい(?)熨斗がついていたのもなんか嬉しかった。僕がやっているニューヨークのマーケティング会社で、ずうっとお付き合いさせて頂いているクライアントです。いろいろ苦労されてきている方ですが、その苦労がまったく身につかない方。いつでも前向きに楽しみながら生きているところと、義理ということを重んじている生き方をされている男です。

苦労をしないと出てこない味というものが確かにあります。「人は苦労をしないといけない」みたいな話を小さい時によく聞いたことがあるような気がするけれど、その頃は、全くナンセンスだなあって思っていた。でも、今、振り返ってみると、確かなところがあるようと思います。

僕が親友と思っている人たち、信頼している人たち、尊敬している人たちには、いくつかのパターンがあるなあ、って今朝の瞑想が終わってからのボーッとした時間で思っていました。僕には、この十分くらいの時間が一番、発想の富んだ時間です。

“苦労が身につかなくって、前向きな人” “頭が良いのに、それが全く身につかない人” “義理人情を大切にして生きている人” “いろんな経験をしているのに、まったく身につかない人” こんなタイプが多いのです。この大屋さんも、典型的なこのタイプです。

ニューヨークで暮らしていると、予想もつかない苦労を、しかも、命がけで生きてきた人たち、あるいは、今でもギリギリで生きている人と出会います。そういう中で、一見ヘラヘラと楽しく生きている人がいる。そういう人たちは、どこか圧倒的な暖かさがある。義理人情も熱い、そして、生きるということの情熱を感じる。それでいて、大抵、相当抜けているところがあって、微笑ましい。

そういうタイプの友人を持つことが出来たのは、僕にとっては大変な宝だと思っています。

その昔は一緒に住んでいたガールフレンドだったけれど、長年のビジネスパートナーであり、家族のようなニールもそういう人だ。イラン革命から逃げてやってきて、それからは、家族誰も母国には帰れない。親友のスティーブも、メリッサも不治の病を持っているのに、まったくもっと明るい。オランダのローレンスは、大変な頭脳の持ち主なのに仁義の世界に生きているようだ。こういう人達は、僕の宝だ。

日本にも、同じタイプの方がいる。大屋さんもその1人。頂いたステーキは、僕にとっては唯の高級な和牛ではなく、もっと味の深いものになりそうだ。こんなことを感じているのに、お礼の電話での僕の表現は、とても軽くなってしまう。僕の良さなのか、阿呆さなのかは、分からない。まあ、身につかない!だけには自信があるけれど、それが良い意味に育っていって欲しいと、自分のことを他人事のように思っています。

よしもとばななさんも、そういう宝の1人です。大変に努力しているのに、まったくその気配を見せない。素晴らしい才能があるのに、まったくそういう匂いを感じさせない。良いよねえ、そういう人って。そういう素晴らしい友人がいるのに、僕は、きちんと年始の挨拶もせずに、思いだけじゃあねえ。でも、思っていますよ。ばななさん!そうだ、明日、電話しよっと。きっとさりげなさ過ぎて、「何だったの?あの電話はって。大内さんらしいけどねえ。」思うだろうなあ。

Post to Twitter


 
| Posted at 21:30 | この記事のURL | コメント(0)
 
コメント(0)

2011.12.07

9日、金曜日。中目黒GTホールで『働く人、忙しい人の為の瞑想と呼吸法』

年に何回か、TaoZenが行なっているGTホールでのイベント。今回は、「働く人、忙しい人の為の瞑想と呼吸法」です。

いろんな方々から、仕事をしていて忙しいのですが、いつ、どうやって瞑想をしたらいいでしょうか?という質問を頂きました。

また、よしもとばななさんとの対談で、僕がいわゆる業界人だったのに、瞑想や呼吸法、気功を続けていたのに興味を持って頂いた方が多かったのに、ビックリしました。そこに興味が湧くなんて、思いもよらなかったし、なぜばななさんが、そんなことを聞くのかなあって、実は思っていたのです。さすが、ばななさんです。多くの人が興味をもつポイントが分かるのだと思いました。

金曜日には、方法論だけではなく、僕のニューヨークでの広告関係での仕事をしながらの実際の体験談や、仕事と瞑想の関係やら、日本とアメリカなどについてもお話ができたらと思っています。僕の自分の話が、皆さんのお役に立てるかは分かりませんが、質問の時間も設けたいと思っています。もちろん、実際の生活の中で実際に使える呼吸法や瞑想も、プラクティスいたします。

初心者大歓迎です。気軽に参加ください。直接、会場に来られても大丈夫です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:12/9(金) 19:00~21:30
料金:一律1,050円(当日会場受付にて精算)
場所:中目黒GTプラザホール
東京都目黒区上目黒2-1-3  Tel: 03-6412-5377
http://www.nakamegurogt.jp/information/01.html
《最寄駅》 東横線/日比谷線 「中目黒駅」 下車すぐ

働いている方、忙しい方のためのワークショップ。忙しいからこそ、仕事に励む方こそ、自分を失わないようにするには、瞑想と呼吸法が必要と言われています。
そこで今回は、時間がない、場所がないと思っている方に最適な瞑想と呼吸法をご紹介します。簡単でありながら効果的なものばかりですので、ぜひ実践してみてください。
ビジネススーツでもハイヒールでもOK。お気軽にご参加いただけます。

Post to Twitter


 
| Posted at 23:49 | この記事のURL | コメント(0)
 
コメント(0)