キーワード「宇宙」を含む投稿一覧


2012.01.03

何のために瞑想をするか? (後編)

何のために瞑想をするか?の続きです。何のためにするかという問いかけに、それなりの正直な答えが見えてきてから、、、、

僕が、ここでもう一つ気をつけている事をシェアしましょう。出てきた答えを、それが本当なのかを検証するときに、三つの方向から見てみます。あたかも三つの答えを探すような方法です。第一は、自分個人にとってワクワクするようなことかどうかです。かなり自分の我が侭に感じることでもOK。とにかくワクワク感があるかどうか。第二は、回りの人にとって良いものか?破壊したり、侮辱するものではないか?表面的には、反発や、傷ついたりしたり、不協和音になったりしても、根本的には回りにとって良いのではないかと感じるかどうか? 三番目には、ちょっと大げさな気分になって、それが世界に、人類に、宇宙に、歴史に好い事だろうか?意識の進化に貢献しているのか、を確認することです。(意識の進化ということについては、別にお話したいと思います。)

この三つが自然に調和している時には、すっきりした心と身体で瞑想ができます。9日に行なう「願いが叶う瞑想」にもこのポイントが重要になってきます。

世のためになっても、自分にとってワクワクするものでなくてはパワーがでませんし、幸せになりません。自分にとってワクワク楽しいものや、どうしても欲しいものでも、それが、もっと大きなものや世界と同調していないと、パワーがでてきません。

この問いかけは、瞑想だけの時だけではなく、すべてのことで問いかけることが必要かもしれません。仕事、人間関係、趣味、すべての選択、決断、行動、言動にたいして。でも、いつもいつも自分に問いかけていると進みませんし、重たい気分になるでしょう。だから、僕は瞑想をする時に、時々、この問いかけをしています。瞑想自体が、普段の「生きる」を点検してくれているところがあるので。そして瞑想以外の時には、とにかく自由に生きてみる、失敗しても良いし、うまく行ってもいい。とにかくできるだけ、とらわれずに進めてみる。そして、また瞑想を通して確認する。

そういうことが出来ている時には、無駄な心配も躊躇もなく、楽しいものです。

楽しく、生き生きいきるため、そして、それが自分の我が侭だけでない生き方、そういう生き方が、その人なりのペースと範囲で自然に芽生え、成長していく力と智慧が瞑想の中に隠れています。

Post to Twitter


 
| Posted at 15:00 | この記事のURL | コメント(6)
 
コメント(6)

2012.01.02

何のために瞑想をするか? (前編)

「何のために瞑想をするか?」
「何のために、何故、しているのか?しようとしているのか?」という自分に対しての問いかけがとても大切です。正直に自分に問いかけることが大切で、はっきりした答えが言葉や文章で確認されなくても良いし、答えが一つである必要もないし、答えが変わることでも良いのです。

瞑想を何のために行なおうとしているのか、あるいは、何のために毎日やるのか?

僕は少なくても週に一回は、この問いかけを何年もし続けています。

自分に超!正直であること、先に答えを決めてしまわないことが大切。毎回、新たな気持ちで問いかけます。しょっちゅう変わる答えもあるし、ずうっと変化しない答えもあります。良いとか、悪いとかいう判断もせずに、なるほど、僕はそんなことを考えていたり、感じているんだなあと、そのまま受け取ります。

例えば、僕の答えの例をだしますと。心を落ち着かせるためとか、身体の具合のバランスを取るためにとか、風邪とかひいた時には、なるべく早く回復して欲しいとか、仕事や人間関係に行き詰まった時には、それはいったい本当はどうしてなのだろうかとか、知人や友人が苦しんでいる時には出来るだけ早く回復して欲しいから、感情に捕われないようにするためとか、大自然、大宇宙の力と一体になるためにとか、悩んでいる時にはその悩みの根源に辿り着くためとか、世界の平和と調和のためとか、本当の自分を見つめるためとか、なんとなく毎日やると決めたからとか、直感とかインスピレーションを得るためとか、気を感じるためとか、人間の意識の進化に参加するためとか、執着している心を手放すためとか、仕事がうまくいきますようにとか、愛をそのまま受け止めるためとか、なんにも考えないためとか、求めないためとか、あるときにはまったく答えが無い感じの時もあります。自分でもビックリするような崇高な答えの時もあるし、まったく恥ずかしくなるようなことや、些細なことや、自分らしいなあと感じることも、まったく自分らしくないなあと思うこともあります。

それで良いと思います。素晴らしい本や賢人がいうことを信じることも大切ですが、自分にとにかく正直であることと、その時の瞬間であること、自分にとってオーセンティックであることが大切です。瞑想というのは、自分という個の中から出発して行くものです。けっして外側からの答えを内側に押し付けようとするものではありません。

もちろん、我々は個であると同時に、社会や時代の中でしか存在していないので、個を越えたというのでしょうか、そういう部分の大きさと同時に縛りもあります。

(明日に続く)

Post to Twitter


 
| Posted at 23:12 | この記事のURL | コメント(0)
 
コメント(0)

2011.04.20

シックス・ヒーリング・サウンズ。

「内臓に、音を。光を。心と身体がポジティブになる。シックス・ヒーリング・サウンズ」

僕たちの存在が大宇宙の一部であり、そして身体自体が小宇宙だという思想が、中国やインドの伝統の底に深く流れています。感情も同様で、宇宙の一部の動きであり、身体との関係で存在していると考えます。確かに、身体という空間以外では感情は生まれません。今、僕はNYのSOHOにいるわけですが、この瞬間に東京の表参道スタジオで不安だったり悲しかったりすることはあり得ません。身体の一部、あるいは全体で、不安だったり楽しかったりするわけです。

タオ(道)では、各内臓がそれぞれの感情を携わっているといいます。例えば、怒りは肝臓で、不安は脾臓。もちろん、感情にも陰陽があり、喜びは心臓で、思いやりは肝臓に適合します。そして各内臓にはそれぞれ特有なバイブレーションがあり、ある色や音が対応します。例えば、心臓は「ハァー」という音、色は「赤」。感情は、焦りや傲慢、そして喜びや幸福感。肝臓は「シー」という音で、色は「緑」。感情は、優しさと怒り。という具合です。それぞれ、音と色と簡単な動きを使って行います。この色や音と簡単な動きを使って、内臓や感情のバランスをとることができます。これをまとめたものが「シックス・ヒーリング・サウンズ」と呼んでいるメソッドです。伝統的には「六字訣」とよばれている療法を現代化したもの。

心配や不安が続くと内臓にも影響がありますし、内臓の調子が悪いと心の具合もわるくなります。ヒーリング・サウンズを続けると、自分の感情についての深い気づきもあります。また、心身のバランスが崩れたときにも、その回復がスムースになります。また、内臓の働きもよくなり、身体の内側からの活力が感じられるようになります。五臓六腑といいますが、それぞれの内臓がお互いに助け合って命が成り立っています。

最初は、ちょっと面倒な感じがするかもしれませんし、効果がすぐにはわからないかもしれません。けれど続けてみるとしばらくうと段々と効果が倍増してきます。今回の大震災によって、自分で気がつかないようなストレスや感情も内臓に溜まっているはずです。こういう時にこそ、ぜひ実行してもらいたいプラクティスです。

今回、このシックス・ヒーリング・サウンズのDVDを作成しました。詳しい説明も入れてあり、初めての方もじっくり練習できる内容になっています。はじめは、1日ひとつづつの内臓を練習していき1週間ですべてマスターできるように作りました。あとは、毎日6つのヒーリング・サウンズを行います。


2011年4月26日(火)には、年に何回か行っている「100人瞑想」の一環で、このシックス・ヒーリング・サウンズの紹介もいたします。皆で祈る瞑想も行いますので、ぜひ、ご参加ください。中目黒GTホールで、19時から21時半まで。詳細は、www.taozen.jpまで。

Post to Twitter


 
| Posted at 21:36 | この記事のURL | コメント(1)
 
コメント(1)