キーワード「タイ」を含む投稿一覧


2012.04.11

瞑想の新しい本が5月9日に発売になります。

ゴールデンウィーク開けの5月9日に新しい本が出る予定です。

今回の本には、念いが一杯入っています。それが上手に表されているかは、自信がありませんが、短い時間に精一杯やったと思います。

『1分瞑想』というタイトル案での依頼で、最初はそんなの無理だと思ってお断りまでしようかと考えたのです。嘘のことは書きたくないですからねえ。

でも、実際やってみると一分瞑想というのも、とても意味があることが分かりました。この辺のことはまた、別の機会にゆっくりと。

数日前に、第一回目のゲラが上がってきました。読むと直したい所が山とあってキリが無いのです。

でも、時間切れですし、今の僕の日本語を書く才能の限度というものもありますから、これで良しとしましょう。

昨夜まで、僕はいろいろ書き直したりしていましたが、今頃は編集のかの子さんが汗かいて頑張ってくれているのじゃないかなあと思います。

表紙も出来上がりました。どこよりも早く、ここで表紙だけでも見てください。デザインは、今回は無理を言って、タオゼンのマークを作ってくれたリカちゃんにやって頂きました。有り難う。

とりあえず、どこよりも早く、表紙を披露させて頂きます。

ばななさんには、お父様がお亡くなりになった週だったのにも関わらず、帯に紹介を書いて頂きました。本当に感謝です。ここで改めてお礼を申し上げます。

(電話では、どうもきちんと上手にお礼を言えないので。)

Post to Twitter


 
| Posted at 23:41 | この記事のURL | コメント(3)
 
コメント(3)

2012.03.27

ここのところ、本の締め切りで追われていました。

この数週間、本の最終原稿の仕上げに追われていました。

とは、いってもその間にワークショップはあるし、香港への出張はあるしで、合間をみては、どこででも原稿を書き直す作業をしていました。

いままで、この半年、いろんな所で、瞑想への想いをその場その場で書いていたものを最後にまとめたら、どうにか成るだろうとおもっていたのです。編集の杉本かの子さんも、そう仰ってたので、まあ、なんとかなるだろうと思っていました。ところが、まとめてみたら、これは大変。何度も同じようなことを違うように言ってたり、いきなり説明もなく、本題に入ってしまったり。英語を日本語訳したような感じの部分もあったり。

読み返して、かなりガッカリでした。ということで、この一週間でほとんどを書き直し。それでも、かなり僕としてはうなずけない感じです。とはいっても締め切りもあったので、とりあえず第一稿は、月曜に渡しました。

特にこの4日間は、長時間、マックに向ってずうっとタイプをしていました。こんな長時間、あんまり運動もせずにタイプをしたことは、初めて。両手の指や、手のひらが痛い。指の関節が腫れている感じ。

大体、僕のタイプは、全くの自己流の指の使い方なんです。左の親指は全く使わない9本指のタイプ法。どうも左の小指の使用量が多いのか、左の小指が麻状態。

もっともっときちんと、タイプの練習しておくと良かったなあと、今更後悔しています。

本の内容は、瞑想についてですが、ここのブログでも時々書いているような内容もいっぱいです。

編集の杉本さん!頑張って、僕の変な日本語を、すくなくても意味が分かるようにくらいは編集してくださいね。脱字誤字の宝庫なことは確か、でも、それよりも言いたいことが沢山あって、いろいろ書いた内容の半分くらいは読者の方に通じてほしいなあというのが、僕の願いです。

それにしても、これに凝らずに、次の本にすぐにでも挑戦もしたいと思っている自分に、半分呆れています。

Post to Twitter


 
| Posted at 23:35 | この記事のURL | コメント(3)
 
コメント(3)

2012.02.17

言葉や、文化の壁は、簡単に乗り越えられる実例。タオガーデンでのリトリート。

久しぶりです。

ティータイム。瞑想ホールの横で。

タオガーデンでのリトリートの途中報告をしたかったのですが、朝7時から、夜10時まで、びっちり僕が一人で教えるということは、結構なことでした。総勢37名、うち日本人が17名、その他は、フランス、スイス、ドイツ、ベルギーなどのヨーロッパ人や、アメリカ人など。

年齢も結局8歳から84歳まで。なかには、パーキンソン病の人や、英語がほとんどできない人もいました。

言葉の壁や、文化の壁は、簡単に乗り越えられるという実例でした!!

この人たちが、自由で安全な空間と時間を作り上げて、キープするのが僕の一番の仕事です。

もちろん、インナー風水太極拳や、ヒーリング・ラブを教えることも僕の勤めですが、僕はワークショップをする時には、皆が個々、自由におおらかでいられる事、そして、お互いが繋がれること、個々の内部への冒険ができること、そういうことをキープするのがファシリテーターとしての勤めだと思っています。

そして、皆がこのことを理解してくれて、それぞれが積極的に参加してくれて、本当に夢のようなひとときでした。一週間が二日くらいに感じられ、それでいて、大変に内容の濃いものになりました。

具体的には、もう書ききれないような一瞬一瞬の流れでした。

大泣きもあり、大笑いもあり、子供のような時もあり、大変な智慧の持ち主のような時も、個人個人にあったと思います。

僕自身にも大きな実りがいっぱいでした。

まず、なによりも、この限られた時間だったけれど世界は大丈夫だという実証ができたことです。

最初の日に、be the change that you wish the world to be という言葉と、Ubuntu、そして、adventure という言葉をキーに進めました。まさに、そのままのマジカル・ツアーでした。

今思うと、まだまだ、いっぱいシェアし忘れたことがいっぱいあります。でも、その時にはセイ一杯だったのだから、それで充分だっと自分に言い聞かせています。

言葉では、表現できない、沢山の素晴らしいことが一杯のリトリートでした。

本当に、皆、有り難う。

Post to Twitter


 
| Posted at 22:39 | この記事のURL | コメント(0)
 
コメント(0)